• TOP
  • ライフ
  • インプラントの疑問 「早い治療は負担が少ない?」「生涯もつのか?」

ライフ

2021.10.02 16:00  週刊ポスト

インプラントの疑問 「早い治療は負担が少ない?」「生涯もつのか?」

インプラント治療の第一人者・小宮山彌太郎氏が解説

インプラント治療の第一人者・小宮山彌太郎氏が解説

 歯周病や虫歯が進行して歯を失った時、3つの治療法がある。

「ブリッジ」は、抜歯した部分の両隣の歯を削って“橋をかけるように”人工歯を装着する。強く噛める一方、両隣の歯には強い負担がかかる。

「入れ歯」は金属製のバネを両隣の歯に引っ掛ける。外れることもあり、毎日の手入れが必要。

「インプラント」はチタン製のフィクスチャー(ボルト状人工歯根)を顎の骨に埋め込む。強く噛むことが可能で、一般の人には天然歯と見分けがつかない。

 そのために、歯を失ってもインプラント治療を受ければいいという人や、インプラントは生涯もつ、と思い込んでいる人もいるようだが、リスクもあることは知っておきたい。

早いインプラント治療は負担が少ない?

 インプラント治療を行なうクリニックの中には、「即日荷重」「ワンデーインプラント」等の宣伝が増えている。患者としては治療期間の短さは魅力的だが、果たして実際はどうなのか。

 インプラント治療の第一人者・小宮山彌太郎氏(ブローネマルク・オッセオインテグレイションセンター院長)に聞いた。

「まず、正しいセルフケア、喫煙など生活習慣の改善をしてから、インプラント治療を行なうべきでしょう。

 またチタン製の人工歯根が顎の骨に定着するには、月単位の時間が必要です。骨折した時、治るまでに時間を要するのと同じ。目先の早さを優先させるか、長期的な視点で考えるか、ということでしょう」

関連記事

トピックス