• TOP
  • 芸能
  • おぼん・こぼん和解の舞台裏 現場にいた人は何も知らされてなかった

芸能

2021.10.09 16:00  NEWSポストセブン

おぼん・こぼん和解の舞台裏 現場にいた人は何も知らされてなかった

コンビ結成から56年の大ベテランだ(漫才協会ホームページより)

コンビ結成から56年の大ベテラン(漫才協会ホームページより)

 約10年間も険悪な状態にあったベテラン漫才コンビのおぼん・こぼんが、ついに和解した。その模様に密着した10月6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)は大反響となり、番組ハッシュタグや「おぼんこぼん」といった関連ワードがTwitterでトレンド入りを果たした。視聴者の間では〈ギャラクシー賞は確実〉と期待されている。

 企画の内容は、こぼんの娘・いづみさんの結婚式を舞台に、おぼん・こぼんの仲直りを目指すものだった。一時は和解どころか解散宣言まで飛び出し、新婦のいづみさんが泣き出す事態にも陥った。一部の視聴者は、参列者のひとり、金髪の男性を見て、「おや?」と感じたことだろう。プロレスラーの日高郁人(49。ショーンキャプチャー/プロレスリング・ノア参戦中)が妻と一緒に参列していたのだ。

 日高に取材したところ、妻であるシンガーソングライターのあびこめぐみ(39)がいづみさんと長年の友人で、家族ぐるみの付き合いをしているそう。その縁で結婚式に参列し、オンエア当日は知り合いから「あれって日高さんですよね?」という連絡が続々と届いたという。

 実は「結婚式をきっかけに、おぼん・こぼんに和解してもらう」という目的は、参列者には事前に知らされていなかった。

「結婚式を仲直りの場にするということは全然知らなかったので、僕もオンエアを見て、『そういう流れがあったのか』と初めてわかりました。

 おぼん師匠とこぼん師匠の関係がよくないこと自体は、『水曜日のダウンタウン』で話題になっていたので、もとから知っていました。だから、おふたりがいづみさんを挟んで入場したときは、『あぁ、よかったな』と素直に感じましたし、こぼん師匠が『普通になりましょか』とおぼん師匠に行ったときも『おぉ!』と思ったんですけど、その後また仲違いされて……。

 僕はただ微動だにせず事態を見守ることしかできませんでした(笑)。それは、ほかの参列者の方も同じでした。おぼん師匠やこぼん師匠が退席する場面もありましたが、そのときに参列者同士で会話するようなこともなく、僕も隣に座る妻に話しかけるような気持ちにはなれず、全員が無言でじっとしていました。いづみさんと勝盛さん(いづみさんの夫)は恐縮して、『すみません、すみません』と謝っていらっしゃいました」(日高)

関連記事

トピックス