国内

小室圭さん PTSD公表でビザ取得ピンチの眞子さまを「置き去り渡米」の可能性

スーツケースを引く小室圭さん

眞子さまを残し小室さんだけが渡米か

 10月26日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが婚姻届を提出する。結婚に向けて、眞子さまと小室さんは綿密な打ち合わせを重ねることになる。小室さんは、都心の名門ホテルに宿泊しながら、眞子さまと会うべく、宮邸に通われるとみられている。また、26日の会見の会場も、そのホテルで準備が進められているという。

 結婚後、眞子さまが一般人となられると、宮内庁や皇宮警察には頼れなくなる。そのため「眞子さまもご結婚数日前には御用地を出られるのでは」(皇室ジャーナリスト)という見立てもある。

「一般人となられてからホテルへ移動するリスクを避ける意味があるのでしょう。その場合、眞子さまはご結婚数日前には、天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻、そして秋篠宮ご一家にお別れを済まされることになります。ホテル入り後、小室さんと一緒に過ごされ、さらに結婚後もしばらく滞在されるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 そして、時期が来たら小室さんとニューヨークへ──それが、眞子さまが望まれる未来だろう。しかし、婚姻届を提出し、会見を済ませても、幸せなニューヨーク生活がすぐに始まるとは限らない。結婚後、眞子さまは出国に向けてパスポートとビザの取得を目指されるが、「複雑性PTSD」の公表で、ビザ取得のハードルが格段に高くなっているそうだ。

 宮内庁は眞子さまが、中学生の頃から精神的な負担を感じられていたと公表した。アメリカでも報じられたため、アメリカ大使館のビザ取得の審査官も知っているだろう。そこで問題になるのが、ビザの申請書に書かれた「自分自身や周囲の安全や生活に脅威となるような精神的または肉体的な疾患があるか」という質問項目だ。

「この質問に、『NO』と答えれば、“なぜ中学時代から精神に不安を抱えているのにNOと言えるのか”と聞かれるでしょうし、『YES』と答えればビザ取得には圧倒的に不利になります。まさに袋小路です。渡米直前での病気公表がビザ取得の最大の障壁となっているのです」(外務省関係者)

 宮内庁はPTSDについて、「結婚準備に支障はない」と説明するが、ビザ発給に支障があるかは別問題だ。さらなるハードルは生活拠点がいまだまったく目途がついていないこと。

「元皇族のお住まいは、治安のいい地域にあるセキュリティー万全の物件であるべきです。黒田清子さんは、現在のお住まいの物件に決めるまで、1年近くの時間を要しました。宮内庁の影響力の及ばない海外ならば格段に物件選びは難しい。そう簡単に決められることではないでしょう。いちばんの問題は、小室さん側がすべて“眞子さま頼み”であることでは。宮内庁は途方に暮れているようです」(皇室関係者)

 黒田夫妻は新居探しの間、都内の賃貸マンションで仮暮らしをしていた。しかし、小室夫妻の場合、事情が異なる。

「小室さんは法律事務所に就職したばかりの新入社員です。プライベートな長期休暇が自由に取れる立場ではなく、本来ならば、すぐにでもニューヨークに戻らなければなりません。日本で悠長に物件探しのできる状況ではないのです。

 会見後、小室さんは眞子さまのビザ取得を待たず、再び単身でアメリカに戻る可能性が高い。会見を済ませさえすれば日本に留まる理由もなく、アメリカへ行くことでさまざまな批判から逃げ切れます。しばらくの間、場合によっては数年という単位で、眞子さまは日本に“置き去り”になりうるのです」(皇室記者)

関連記事

トピックス