国内

小室圭さん PTSD公表でビザ取得ピンチの眞子さまを「置き去り渡米」の可能性

お出かけになられることも(写真は2018年)

眞子さまの出国はどうなるか(写真は2018年)

 国民の反発に屈することなく、3年以上、遠距離でも愛を貫いたふたりはまた離ればなれ──眞子さまにとって、理想の新婚生活とかけ離れた日々かもしれないが、「小室さんの方は、それでもいいのではないでしょうか」と皇室関係者は突き放す。

「小室さんが多額の奨学金を受けながら留学生活を送ることができたのは、“眞子さまの婚約内定者だ”とアピールしたからと言っても過言ではありません。フォーダム大学が小室さんを『プリンセス・マコのフィアンセ』とホームページにまで掲載し歓迎していたことは周知の事実。

 現地での就職活動時に送付された履歴書には、眞子さまの“ボーイフレンド”と記載があったともいわれます。新人にもかかわらず、これだけ長く休暇が取れるのは、“妻が日本の元内親王”という小室さんの将来的な立場への配慮もあるかもしれません。さらに、佳代さんの夢である『海外でのセレブ生活』も叶えてあげることができます。小室さんは、妻の“眞子さん”ではなく、母の佳代さんと渡米し、ニューヨークで新生活を始めるのかもしれません」

 思い返せば小室さんは、“皇室に近い人物”としての恩恵を十二分に受けてきた。

「例えば留学中の生活費はパラリーガルとして勤めていた奧野総合法律事務所に貸してもらうなど、小室さんは人生の節目ごとに周囲の支えを得られる、天性の“人たらし力”の持ち主です。そうした力が眞子さまをも魅了し、動かしているのかもしれません。

 ですが、小室さんを支える人たちが、『元内親王の夫』という肩書に惹かれているのだという見方をする人もいます。せめて、小室さん本人は元内親王の夫という“肩書目当て”と思われないような結婚生活を送ってほしいですね」(前出・皇室関係者)

 小室さん“自力”の努力が、幸せな結婚生活の鍵のようだ。

※女性セブン2021年10月28日号

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン