「ベストジーニスト2019」次世代部門に輝いた(時事通信フォト)

「ベストジーニスト2019」次世代部門に輝いた(時事通信フォト)

 思い返せば春のドラマで話題となった『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の三ツ屋早良役も、印象に残る人物でした。頭の回転が速くて弁が立ち自信過剰。超特急でまくし立て理屈っぽく、関わりたくない女を見事に演じ切った石橋さんに対して、放送時は「嫌悪の声があふれる」などと伝えられましたが、つまりは「いかに上手に役に成りきったか」ということ。

 嫌な女に存分に変身した後、しかし負のイメージを引っ張るわけでもなくさらりとリセット。例えば今放送中のCM「サントリー天然水」の「雨あがる」篇では、早良とは対極にあるような透明感。大自然の中で流れるようなダンスを披露し体の動きを通して人に語りかけることができる希有な才能を見せてくれています。

 いわゆる美系とはやや違う個性派ですが、見れば見るほどクセになる要素がある。「さて、この人ならどうやるだろうか」と次の役が見てみたくなる。妙な人格の役柄ばかりやらせてみたくなる。

 等身大のご本人はかなりの苦労人です。4歳からクラシックバレエを始め中学卒業後15歳でボストン・カルガリーのバレエスクールへ留学。17歳でカナダの名門バレエ学校に入るがプロにはなれず。外国での武者修行を経てコンテンポラリーダンサー、そして役者へ。石橋凌と原田美枝子の娘という「七光り色」も感じさせない不思議。映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』では映画に初主演し、キネマ旬報紙の日本映画ベストワン評価やブルーリボン賞新人賞等多くの賞を獲得しました。

 周囲に引きずられない石橋さんのしなやかさと凛とした強さ、どんな役をやっても役に成りきり、しかし役にまみれずリセットする力は、多くの女性視聴者の共感を集めています。石橋版リカもまた一つの風変わりな憑依型であり、その次にまた何を見せてくれるかと期待させる石橋さん。女優道から目が離せません。

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン