芸能

水谷豊の凄さ 台本は「さっと1回読んだ後、お風呂で反芻」で覚える

現場でも台本を手にしているところは見ないという(時事通信フォト)

現場でも台本を手にしているところは見ないという(時事通信フォト)

『相棒』は2000年の放送開始以来、高視聴率を記録し続け、10月に「season20」に突入した。今回も水谷豊(69)が演じる杉下右京の切れ者ぶりが際立っている。2016年まで『相棒』シリーズの演出を務めた映画監督の和泉聖治氏が語る。

「元々は『土曜ワイド劇場』の単発ドラマとして企画されたんですが、一発目の視聴率が20%超えてね。手応えがあって、シリーズ化しようってなった時も、豊さんは『やっぱりそうなるよね』って、すでに準備ができていました。

『相棒』は豊さんと作り上げた作品ですが、彼の凄さは右京さながら。15ページ以上ある長台詞を一言一句違わずに全て覚えてくる。僕の演出は緊張感を持続させるために15分、20分という長回しもザラですが、一度豊さんにどうやって台詞を覚えているのか聞いたら、『さっと一回読んだ後、お風呂で反芻するくらいかな』って。天才ですよ。現場でも台本を手にしているところは見たことがないし、努力する姿を見せない。右京役がハマるわけです」

「season12」まで刑事・三浦信輔役で出演していた大谷亮介(67)は、そんな水谷を間近で見てきた。

「舞台の上で声を張り上げる演劇に慣れていた私に、水谷さんは映像の世界ではよりナイーブな芝居が求められると、テレビ撮影での立ち位置からリアクションのニュアンスまで、テレビドラマの演技の基本を教えてくれました。僕の鼻息がマイクに入ってしまった時、『そんなに荒くしちゃダメだよ』とさりげなく助言をもらったり、共演者の演技をここまで細かく見ているのかと驚きました。

 水谷さんはご自身の演技がどうこうという次元ではなく、常に作品全体の世界観を創り上げていくために努力していた。気さくな方でしたが、余計なことはあまりおっしゃらずに眼の輝きでみんなにエールを送っている。そんな方でした」(大谷)

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン