• TOP
  • スポーツ
  • ゴルフ弾道計測器 ミサイル追尾の軍用技術応用でヘッドやボールの動き実測

スポーツ

2021.10.21 11:00  週刊ポスト

ゴルフ弾道計測器 ミサイル追尾の軍用技術応用でヘッドやボールの動き実測

アメリカや韓国では、トラックマンを導入したレッスンが必須になっているという

アメリカや韓国では、トラックマンを導入したレッスンが必須になっているという

 最先端の科学技術によって、スポーツの世界が大きく進化している。トラックマン・ジャパンの「ゴルフ弾道計測器」は、元々ミサイルを追尾する軍事用技術であるドップラーレーダーを応用したもので、クラブヘッドやボールの動きなどを実測し、打ち出しから着弾までを記録する。

 計測できるのは、飛距離や球速をはじめ、ボールの回転数や打ち出し角度、クラブスピードなど26項目以上。高い精度が評価され、欧米で行なわれるPGAツアーの公式計測器となっており、世界中のツアープロが愛用を公言する。取得したデータはすぐにPCやタブレットで確認でき、インドア環境であっても、飛距離や回転数などの正確な数値がはじき出される。

 ショットの距離と方向の正確性が採点される機能である「コンバインテスト」は、世界中のゴルファーとスコアを競い合える上に、計測結果がアメリカの大学のゴルフ特待生入学の試験としても採用。正確な数値の裏付けによる実力重視の公平な入試システムとして広く定着している。

 310万円と高額機材だが、設置する練習場は急増中で、日本でも手軽に自分のショットの数値を知ることができるようになった。重量は2.8キロで、自宅や練習場への持ち運びも可能。球の弾道と同時にスウィングも計測できるのが特徴。AI「TRACY」による練習ナビ機能は、初心者から上級者までに対応した的確なアドバイスを提示するので、アメリカや韓国では、トラックマンを導入したレッスンが必須になっているという。

※週刊ポスト2021年10月29日号

奥に見えるオレンジ色の筐体がトラックマン。重量は2.8kgで、自宅や練習場への持ち運びも可能。野球やその他のスポーツにも導入され始めている

奥に見えるオレンジ色の筐体がトラックマン。重量は2.8kgで、自宅や練習場への持ち運びも可能。野球やその他のスポーツにも導入され始めている(撮影/内海裕之)

関連記事

トピックス