芸能

百恵さん「孫にキルトを」の思い 祖父が名付ける三浦家ルールも

長男の誕生で記者会見をする百恵さん(左)と友和(1984年5月)

長男の誕生で記者会見をする百恵さん(左)と友和(1984年5月)

 2019年7月にはこれまで手作りしてきたキルト作品と、子育ての秘話を綴った著書『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)を出版した。

「初めて子供のために作ったクマのアップリケのベストや幼稚園入園のときに作った体操着袋などが、思い出とともに掲載されていました。芸能界を完全引退し、それまで家族のことを一切語ってこなかった百恵さんが、自ら私生活を公開したことに驚くとともに、作品のクオリティーの高さが大きな反響を呼びました」(芸能関係者)

 その本には百恵さんのこんな声も綴られていた。

《『あのキルトを僕にください』と、いよいよ家から自立することになった長男の意外な所望。(中略)うれしさが心に広がった、我が子の言葉》

 最近では、東京五輪を目前に控えた今年4~6月、東京・大手町の読売新聞ビル内で行われたキルトの展示会に出品。全国から寄せられた約1700点のなかで、百恵さんの作品はひときわ目をひいた。

「『WATER POLO』という刺繍が施された、水球の五輪ピクトグラムをモチーフにしたもので、祐太朗さんと貴大さんが高校時代に入っていた水球部を思い、彼らが部活に熱中していた日々のことを振り返りながら制作したようです」(前出・知人)

おじいちゃんが名付けるというルール

 常に家族とともにあった百恵さんのキルト作り。だが、前出の知人は「ここ数年は複雑な思いがあったかもしれない」と明かす。

「友人や知人に初孫ができたという知らせを聞いて、心から祝福しながら、うらやましいなという気持ちはあったと思いますよ。いつも周りにいる友人たちが孫のお世話に追われる姿を見ると、やっぱり自分も早くそんな時間を持ちたいと思いますもんね。“次のキルトの大作は孫のために作りたいな”という願いは自然に出てくるでしょう」(前出・知人)

 一方で、百恵さんがその思いを表に出すことは一切なかったという。百恵さんが引退したのはまだ21才の若さ。すぐにでも友和との子供がほしいという思いが強かったというが長男を授かるまで4年の月日を要した。

「周囲の友人たちが次々に子宝に恵まれるなか、なかなか赤ちゃんを授からない焦りや苦悩を感じたこともあったかもしれません。だからこそ祐太朗くん夫妻にはプレッシャーをかけたくないと気を使っていたと思います。特に由依さんとはすごく仲がいいですからね。彼女につらい思いをさせないよう、なるべく孫の話はしないようにしていたそうです。それだけに由依さんが妊娠したという知らせを受けたときは、本当にうれしかったでしょうね」(別の知人)

 まだ少し気が早いが、気になるのは赤ちゃんの名前だ。

「実は三浦家には代々、“祖父が名前を考える”という習わしがあるそうです。だから“祐太朗”も“貴大”も、友和さんのお父さんである惣一さんが名付けました。今度は友和さんがお孫さんの名付け親になるのでは」(友和の知人)

 折しも百恵さん夫妻は、東京・国立市にある自宅をリフォーム中だという。

「最初のリフォームは2011年頃で、子供たちが独立した後、友和さんの両親の介護に備えたものでした。その介護も一段落し、今度は“いずれは家に戻って両親と同居したい”という祐太朗さんの意向に沿ってリフォームに踏み切ったようです。その矢先のお孫さん妊娠の知らせですから、本当に絶妙のタイミングですね」(前出・知人)

「幸せになります」と誓い、日本武道館のステージに白いマイクをそっと置いた百恵さん。幸せな家族の物語は、未来へと紡がれていく。

※女性セブン2021年11月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン