芸能

徳光和夫 プロレス担当になった時は「嫌で嫌でしょうがなかった」

なぜプロレスが嫌だったのか?

なぜプロレスが嫌だったのか?

 近年は「バス旅」も人気の徳光和夫(80才)が初の自伝 『徳光流生き当たりばったり』(文藝春秋刊)を上梓した。 あるときは涙もろい好々爺、あるときは無類のギャンブル狂。果たしてその正体は? プロインタビュアーの吉田豪氏が迫った。週刊ポスト2021年10月29日号掲載記事の超ロングバージョンをお届けします。(全4回の第2回)

吉田:今回の本で面白いと思ったのは反体制思想を持つことが一つの正義だと思って、組合活動に熱中したことがあったっていうのも意外なんですけど、その迫力のないアジテーションが面白がられて、歌番組に抜擢っていうのが、それきっかけだったんだっていう。

徳光:そうなんですよね、あれは不思議なもんですよね。日本テレビは、僕が入社したころっていうのは組合活動がたいへん盛んでして、僕も60年安保世代ですから樺美智子さんのことも存じ上げてるし……。 あ、これ余談なんだけど、樺美智子さんと一緒に活動して……た人が『24時間テレビ』を作った人だよ。

吉田:あ、そうだったんですか!?

徳光:都築(忠彦)さんっていう人。だから樺美智子さんが亡くなったときはホントにショックで眠れなかったって。まあそういうことを存じ上げてましたし、学生時代に桜田門の前でうねったりなんかしたわけですよ。そういう時代に育ったから、労働組合がある以上、労組に入るのは当然だろうって思ってたわけですね。

 そしたら日本テレビの男性のアナウンサーで労組に入ってる人は3、4人しかいなかったんですよ。野球であるとか、相撲であるとか、そういうスポーツの王道の人たちはほとんど労組に入ってなかったの。アナウンサーは労働組合に入るもんじゃないっていうことをあとで言われたんだけど。

吉田:労組に入ったら王道の世界では出世できないみたいな感じだったんですかね?

徳光:そうですね、仲間に入れてもらえないみたいな雰囲気にはなったわけですけど、そういうこともその場は察知できずに、労働組合に入ります。そうすると当時は過激でしたからストライキもずいぶんやったんですよ。ストライキですから決起集会がある。決起集会のとき、「おまえアナウンサーだから司会をやれ」っていうふうに言われて司会をやったんですけど、そのときの司会ぶりが……話が長くなってごめんね。歳だから勘弁して。

吉田:ぜんぜん大丈夫ですよ!

徳光:そのときの司会ぶりが、通常、ストライキの司会っていうのは、「ラジオ日本から柳沢委員長がおりてきてくれました! さあ柳沢委員長、ぜひお願いいたします!!」って口調で、アジテーターみたいな感じで紹介するわけですよ。僕はそういうことができないアナウンサーだったので、「えー、それではただいまより、ラジオ日本よりわざわざお越しいただきました! 労組の委員長、柳沢さまにお言葉を頂戴したいと思います」って。

吉田:結婚式の司会みたいになって(笑)。

徳光:そういうような感じでやったら、それをあまり熱心ではない制作の労働組合の一人であります音楽班の人が見てまして、こいつ面白れえなっていうことで、最初に起用されたのが『こよい酔わせて』っていう歌番組だったんですよ。三浦布美子さんっていう芸者さんと一緒に組まされてやったんですけど、そのときに何か袋をかぶってキス占いをしてたのが伊東四朗さんだったんですよ。

吉田:つまり、最初からまじめなアナウンサー業とは違う方向に行ってたわけですよね。

徳光:そうかもしれませんね。僕としては、なんといっても長嶋茂雄さんの一挙手一投足をアナウンスできれば、大げさでなく、それでアナウンサーを辞めてもいいと思ったわけですよ。ところが、野球はご存じのようにアナウンサーの王道でありますので、たくさん先輩のアナウンサーもいらして。私がしゃべるのは10年ぐらいかかるかもしれない。

 それでも僕はいいと思ってたのね、長嶋さんが現役であるならば。つまり野球はある意味でかなり潤沢なんですけども、プロレスは2人でやってたんですよ、清水(一郎)さんと佐土(一正)さんっていう、この二人でやるローテーションはたいへんなわけですよね。清水さんはニュースをやらなければいけない、プロレスはほとんど出張ですから。

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン