「業務命令でプロレスに回されるわけですよね。本にも書いたんですけど、僕はホントにプロレスが嫌で嫌でしょうがなくて」

「業務命令でプロレスに回されるわけですよね。本にも書いたんですけど、僕はホントにプロレスが嫌で嫌でしょうがなくて」

吉田:巡業にもついていかなきゃいけない。

徳光:視聴率的には同じぐらい取ってたんですよ、プロレスも。で、今度入った新人は面白いんじゃねえかってことで僕に白羽の矢が立って、業務命令でプロレスに回されるわけですよね。本にも書いたんですけど、僕はホントにプロレスが嫌で嫌でしょうがなくて。

吉田:プロレスに偏見があった側ですよね。

徳光:うん。われわれの世代はあったと思いますよ。八百長騒ぎみたいなものがあって、あきらかにそうだろう、と。レフェリーが見て見ないふりをして、外国人レスラーは凶器を持って戦う。「あんなのは格闘技じゃない、あんなのはスポーツじゃない」って、そういった論調があったじゃないですか。僕もだんだんそっちのほうに傾いてきて、でもプロレスを実際に何年間か担当してみて、ジャイアント馬場さんとの出会いがあったんでね。

吉田:デタラメな人が多い世界で数少ない常識人というか、ちゃんとした人に会えて。

徳光:吉田さんも言うねえ。吉田さんは馬場さんにインタビューしたことあるんですか?

吉田:ジャンボ鶴田さんはあるんですけど。

徳光:鶴田も常識人ですけどね。

吉田:ちゃんとしてますね。日本プロレス時代の人はデタラメな人ばかりだと思ってて。

徳光:もしかすると吉田さんも知らないかもしれないけども、プロレスラーがあんな顔して、つまりリングであれほどまでに暴れまくってるんですけれども、一番社会性があるのはプロレスラーだったんじゃないかと思う。それは給料は給料としてあるんですけれども、年間数回、それぞれ手打ちの興行を持たせてもらえるわけですよ。そうすると手打ちの興行を持つ以上はタニマチを探してきたりとか、とにかくチケットを大量に買ってくれる人を探さなきゃならないわけですよね。これで彼らの社会性が出るわけですよ。リングから降りますと、ホントに手揉み人生みたいなところにあったりするのが結構いるわけですよね。

吉田:ただデタラメなだけの人なら、そこでちゃんとビジネスはできないですからね。

徳光:そうなんですよね。だからサムソン・クツワダ(全日本プロレスのレスラー)なんかは見事でしたよね、それは。

吉田:ダハハハハ! 全日本プロレスでクーデターを起こそうとしたクツワダさん。

徳光:ああ詳しいですね。そういう彼らを見ておりますと、僕はプロレスが嫌で嫌でしょうがなかったのは1年間ぐらいなのでありますけども、凱旋帰国をした馬場さんと触れるにしたがって、今度はプロレスに対しましてだんだん肯定的になってくるわけですね。馬場さんもしかりなんですけど、ほかのスポーツでドロップアウト組の受け皿がプロレスだったわけですよね。

つまり、彼らのリングで戦っている演者といたしましての一面と、その演者としての一面である程度確立するには水面下で相当のトレーニングを積まないと受け身の体は作れないわけですよ。ご存じのように受け身のスポーツですから、天龍(源一郎)関なんかも相撲からよくあそこまでいったなって。ブルーザー・ブロディが「天龍は最高だ!」「あんなに受け身の素晴らしい選手はいない」っておっしゃってましたけど。

吉田:そんな天龍さんも最初はプロレスに対して偏見があったって言ってましたからね。

徳光:やっぱり偏見があるんですよ。でもそこから切り換えてね。いずれにしましても、そういうレスラーたちの日常を見ておりますと、愛すべき人物が多いわけですよね。それで僕はプロレスのほうにどんどん入っていくという流れになりますけれども。プロレスのほうはずいぶん勉強させてもらいましたね。

吉田:徳光さんがプロレスの仕事をやった影響ってあると思うんですよ。どんなことにも受け身を取るというか、ある意味エンタメ的な能力が鍛えられたんじゃないかと思って。徳光さんは最終的にはWWE(当時WWF)と新日本プロレスと全日本プロレスとの合同興行でのランディ・サベージ対天龍源一郎で、シェリー・マーテルという女性マネージャーとバトルするレベルまでやってましたからね(笑)。

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン