芸能

木下ほうか ずっと演じたかった「ヤクザのリアルな哀愁」

「現役時代」の演技は超コワモテ((C)ABC)

「現役時代」の演技は超コワモテ((C)ABC)

【木下は、ヤクザ現役時代の回想シーンでは、サングラスに黒スーツで超コワモテ。14年後の現在のシーンでは、白髪の小さな内装業者社長を“弱々しく”演じている。】

木下:大阪生まれ大阪育ちの僕には、関西弁での極道役は得意分野でした(笑)。今回のドラマで少し難しかったのは、ヤクザ現役時代の迫力や本物感と、引退後のヘタレさを、振り幅を広く演じるとともに、同じ人間だからあまりギャップがありすぎてもいけない。そのバランスでしたね。『ムショぼけ』は、元ヤクザたちの哀愁をユーモアに描いているので、ヘタレさをより強調することも意識しました。

沖田:ほうかさんや主演の北村さんの見事なお芝居が、私が作った原作小説の言葉や文字を、映像で超えてくださいました。『ムショぼけ』が、僕の手から離れた瞬間。生んだ子を、みなさんが育ててくれて、最高のものとして視聴者に届いている。もう感謝しかありません。

【ヤクザのかっこ悪いところや哀愁漂う姿にスポットを当てていることに、木下はどう感じているのか】

木下:我々は、1990年代からVシネマ界で、散々ヤクザのバイオレンスものを作ってきていたんですが、当時から僕は演じながらも「こんな激しい奴、実際にはおらんやろ」って思ってましたよ(笑)。ヤクザの実像って、そないドンパチはしませんよね。

沖田:そうなんですよ。現実にマシンガンで人を何人も殺めたら、一発で死刑ですよ。誰も彼も死刑になってては、そのうち誰もいなくなってしまう。そういう映画やドラマは多いですが、ずっとなんかちゃうなと思ってました。ヤクザだって、人間だから恋もするし、ドジもするし、子や孫はえこひいきしてかわいがる。そういう人間らしさを描きたかったんです。

木下:従来のヤクザ像の方が虚像やったように思うんです。だから、今回は本当にオファーをもらって、本を読ませてもらったときから「こういうヤクザもんがやりたかってん。こういうことですやん!」って、気分が高まりましたよ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト