• TOP
  • 国内
  • 小室眞子さんを待つ「前例なき新婚生活」 警備、収入、パパラッチ…問題は山積

国内

2021.10.26 14:20  NEWSポストセブン

小室眞子さんを待つ「前例なき新婚生活」 警備、収入、パパラッチ…問題は山積

秋篠宮邸を出られる眞子さま。手には花

秋篠宮邸を出られる眞子さま。手には花(撮影/JMPA)

 10月26日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが結婚し、記者会見を開いた。2017年9月の婚約内定会見から、実に4年という月日を経て、晴れて“眞子内親王”から“小室眞子さん”となった。眞子さまは「私にとって圭さんは、かけがえのない存在です。そして、私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と述べた。小室さんは、「私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人とともに過ごしたいと思っています」と述べた。

 納采の儀などの婚約・結婚に関する儀式は一切行わず、皇籍離脱に伴う一時金も辞退するという、前例のないものとなった眞子さまのご結婚。これから始まる新婚生活もまた、前例がないものとなりそうだ。

「ニューヨークの法律事務所に勤務する小室さんとともに、眞子さまも渡米する予定ですが、ひとまず先に小室さんがニューヨークに行き、眞子さまは日本に残るという形になる予定です。

 ここで、問題となるのが警備です。小室さんも眞子さまもともに“一般人”ではありますが、皇室関係者であることには変わらず、それなりの警備が必要となる。さらに、生活拠点が異なるので、同居されるケースに比べて警備費も倍となるわけです。余計に税金を使うことに対する国民からの反発は継続するでしょう」(皇室ジャーナリスト・以下同)

 また、物価が高いニューヨークで生活をするには、高額な家賃や生活費がのしかかってくる。さらに、セキュリティーが万全な高級マンションに住むとなると、さらに家賃も高くなる。

「小室さんは、ニューヨークでの弁護士資格を取得後、“新人弁護士”として勤務することとなり、その年収は1800万円ほどだとも言われています。日本国内で生活するには充分な年収ではあるものの、ニューヨークの高級マンションで暮らすには決して充分とは言えないんです。安定した生活をするためには、眞子さまも働くこととなる可能性も高い。これまで皇族として生活されてきた眞子さまにとって、一般人として普通に勤務しながらの海外生活は簡単なものではないでしょう」

 小室さんが勤務する大手弁護士事務所は、入社から2~3年で3分の1くらいの人数に絞られる、過酷な職場だとも言われている。つまり、小室さんは数年後、およそ66%ほどの確率でこの弁護士事務所からクビを宣告されるかもしれないのだ。

「新人弁護士といえども、しっかりと結果を残さないと、事務所に残れないということです。ロースクールでは優秀で、論文も入賞している小室さんといえども、油断はできません。一説では、小室さんが眞子さまのフィアンセであったということで優遇されているとの話もありますが、小室さんが仕事で成果を出せないままであれば、弁護士事務所もすぐにクビにするでしょう。とにかく、小室さんには、相当厳しい弁護士生活が待っているわけです」(同)

 小室さんには、新婚の時間を満喫する時間もなく、仕事に追われる生活が待っているのだ。

関連記事

トピックス