ライフ

家族が“メシマズ”料理を作ってしまう…「身の危険を感じた」証言も

美味しくない料理ができてしまう理由とは(写真はイメージ)

美味しくない料理ができてしまう理由とは(写真はイメージ)

 同居家族の作るご飯が不味い──いわゆる“メシマズ”問題はネット上でもたびたび話題になっているように、全国の食卓で日常的に起きていることのようだ。「独創的すぎる」メニューはどのようにして誕生するのか。

「イチゴジャムのトンテキ」「桃入りアヒージョ」「味噌スイカ」……これらは本誌・週刊ポストの取材でエピソードとして明かされた、実際に一般家庭の食卓に並んだ“創作料理”だ。メニュー名だけではその「破壊力」が伝わりにくいので、作り手たちにそのレシピを明かしてもらおう。

【イチゴジャムのトンテキ】
「肉料理にジャムを加えると『柔らかくなって肉の旨味が出る』と聞いたので、トンテキにイチゴジャムを1瓶ドバっと投入。酢豚にパイナップルのような感覚で意外とイケると思ったのですが、家族から『これからは、あまり手間をかけなくてもいいから』とやんわり諭されました」(20代女性)

【桃入りアヒージョ】
「オリーブオイルに擦りおろしニンニク、エビとブロッコリーを入れて煮込み始めたものの、何かが足りない。アクセントに桃の缶詰を投入したところ、一口食べた妻は絶句。『トマトのオイル漬け』のような料理をイメージしたつもりなのですが……」(30代男性)

【味噌スイカ】
「晩酌のあてに、モロキュウをイメージしてスイカに味噌を添えて出したんです。夫は『スイカの皮の味噌漬けは聞いたことがあるが……』と唸っていましたけど、スイカの甘みと味噌のしょっぱさのミスマッチが個性的で、私は『あり』だと思いましたね(笑)」(40代女性)

 人それぞれ好みや味覚は異なるものの、これら「メシマズ」レシピの共通点は作り手の“個性”が突き抜けているということだ。雑穀料理講師の高杉多希さんが指摘する。

「料理に個性が求められるようになり、『レシピ通りに作ったら負け』という刷り込みがあるのかもしれません。さまざまな情報があふれる中で『自分らしい料理を作ろう』と頑張った結果、キラキラした完成品だけを思い浮かべて“アクセル”を踏み込んでしまうパターンが多いのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン