芸能

飯島直子が熟年離婚、2年前に夫の不倫報道 今年8月には母との別れも

かつては幸せな結婚も経験した飯島直子に新事実

離婚していた飯島直子

 飯島直子(53才)が離婚していたことが明らかになった。飯島は2012年のクリスマスに、不動産会社を経営する男性と再婚したが、人知れず別れる決断を下していた。

 都心の一等地にそびえ立つ超高級タワーマンション。その高層階、約150平方メートルの部屋に住む主は、この部屋の広さが改めて身にしみていることだろう。飯島の知人が彼女の“変化”を明かす。

「親しい人にしか明かしていないようですが、離婚が成立したみたいです。夫だったAさんはすでに自宅を出ています。このマンションは、2004年に元カレと一緒に住むために彼女が買ったもの。彼と別れて電撃的な出会いをしたAさんとは長く住み続けると思っていましたが……きっとAさんが起こした2年前の騒動が原因なんでしょうね」

「元祖癒し系」として多くの男性を魅了してきた飯島だが、これが2度目の離婚となる。

 振り返ると、飯島の恋愛において、幸福な時間は長くは続かなかった。飯島は1988年、深夜番組『11PM』(日本テレビ系)のカバーガールとして芸能界デビューする。

「デビュー当初はセクシー系のタレントとして活動していましたが、1994年に缶コーヒー『ジョージア』のCMに起用されたことで、癒し系の地位を確立していきました。“ひと休みしよう”の彼女のセリフにファンは急増。街中に張られた彼女のポスターが剥がされて、持っていかれるほどでした」(芸能関係者)

 人気絶頂の1997年、飯島はTUBEのボーカル・前田亘輝(56才)と1回目の結婚をする。前田の大ファンだった飯島からのアプローチが、きっかけだった。

「結婚後、飯島さんは家庭を大切にしたいという思いから、仕事をセーブするようになりました。毎日料理を作っては、前田さんに尽くしていたようです。しかし、レコーディングやコンサートで多忙な前田さんとは夫婦の時間も少なく、子供にも恵まれなかった。すれ違いの日々が続き、2001年に離婚。離婚後、飯島さんは“がまんの4年間だった”と口にしていました」(前出・飯島の知人)

 一方、仕事面は順調で、離婚後、主要キャストとして出演したドラマ『恋を何年休んでますか』(TBS系・2001年放送)は高視聴率を記録。人気女優として仕事に邁進する中、次に恋に落ちたのは意外な相手、カリスマホストのBさんだった。

「飯島さんより13才年下で、歌舞伎町(東京)で有名なホストでした。飯島さんは連日店に通っては、高価なシャンパンを何本も入れるなど、たくさんお金を使っていました」(ホストクラブ関係者)

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト