芸能

コロナ感染を経た綾瀬はるか、木村拓哉主演作出演で工藤静香のサポート

コロナ感染も経験した綾瀬はるか

コロナ感染から復帰した綾瀬はるか(写真は今年7月)

 撮影開始が危ぶまれていた木村拓哉(48才)の主演映画が、無事に始動した。重要な役どころを演じる綾瀬はるか(36才)が、新型コロナウイルスに感染し緊急入院したことで当初の予定より少しばかり遅れたようだが、当の彼女は弱音ひとつ吐かず周囲に笑顔を振りまいている。そんな綾瀬の心の支えとなっているのは、意外なアノ人からの応援だった。

 ミリタリー風のグレーのコートにベージュのニーハイブーツ姿。すっかり冬を先取りしたファッションに身を包んだ工藤静香(51才)が京都駅に降り立ったのは、紅葉見物にはまだ少し早い10月下旬のことだった。

「実はいま、京都や兵庫で木村拓哉さんが長期にわたって、映画の撮影をしているんです。静香さんがこのタイミングで京都入りしたのには、とある事情があるようでして……」(映画配給会社関係者)

「ヨーイ、アクション!」

 兵庫県中部に位置する丹波篠山城跡に、男性の声が響き渡る。それを相図に木村がしずしずと動きだし、その動きを複数台のカメラが追う。ここ数日で一気に冷えた空気と張り詰めた緊張感のなか、撮影は小刻みに進んでいく。木村が臨んでいるのは東映創立70周年記念作品となる超大型時代劇映画の撮影。演じるのは、天下統一を狙う織田信長だ。

「木村さんにとってはこれが2度目の信長。1998年のスペシャルドラマ『織田信長 天下を取ったバカ』(TBS系)でも主演を務めています。

 その後、俳優としての幅を広げた木村さんは、“いつかまた信長を”という思いを強く抱くようになったようです。2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、染谷将太さんが新しい信長像を演じましたが、それにもかなり刺激を受けたそう。待ちに待った再びの信長役に、並々ならぬ力が入っています」(前出・映画配給会社関係者)

 その記念すべき大役の相手は、綾瀬はるかに託された。

「しばらく共演はなかったのですが、木村さんと綾瀬さんは2009年の『MR.BRAIN』、2011年の『南極大陸』(ともにTBS系)で共演済み。過去の作品では、演技でもプロモーションでも息の合ったところを見せていたので、2人のやり取りがいまから楽しみです」(テレビ局関係者)

 大手映画会社の周年記念、木村、そして、綾瀬とのゴールデンコンビ。

「注目される大型作品だけに、絶対に失敗はできないと、キャストにもスタッフにも重くプレッシャーがかかっています」(前出・映画配給会社関係者)

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン