芸能

太田光「選挙特番」大暴走で見直される相方・田中裕二の大切さ

太田が暴走しても田中が止めるスタイル(時事通信フォト)

太田が暴走しても田中が止めるスタイル(時事通信フォト)

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が、10月31日に放送されたTBS系の『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』で選挙特番の司会に初挑戦、その大暴走ぶりが物議を醸している。苦戦が伝えられた甘利明氏に「もし負けたら戦犯ですよね」「ご愁傷さまでした」と笑いながら語りかけ、二階俊博氏には「いつまで政治家続けるつもりですか」と質問。二階氏は「当選したばかりで失礼だよ、言葉を選びなさい!」と憤慨した。SNS上では「太田ぶっ込んでて面白い」と評価する声もあるが、「失礼にも程がある」「放送事故レベル」といった批判が相次いだ。

 書き込みのなかには、「やっぱり田中あっての太田なんでしょうね」「昔から田中の存在を軽視してる人がいるが、田中が居ないと成り立たない」と、相方・田中裕二の存在に言及する声もあった。放送を観ていたテレビ局関係者も、田中の存在の大きさをあらためて認識したという。

「太田さんのフォローをしようと井上貴博アナや小川彩佳アナも頑張ってはいましたが、いかんせん太田さんの速射砲のようなしゃべりを制止できていませんでした。相方の田中さんがいてくれたら、『失礼すぎるだろ』『いい加減にしろ』といったツッコミで場を収めていたはずです。

 今回の太田さんの起用は、『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』(日本テレビ系、2006~2010年)で政治への関心の高さを見せたことに加え、『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも生放送の実績があることからTBSが白羽の矢を立てたのでしょうが、いずれも田中さんの制御あっての太田さんだった。今回のことで、爆笑問題にとっていかに田中さんが重要な存在かを業界関係者は再認識したのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン