芸能

熊田曜子「夫のDV裁判」法廷で流された衝撃音声テープの全貌

DV騒動で裁判が進む(AFP=時事)

DV騒動で逮捕・起訴となった夫の裁判が進む(AFP=時事)

 11月9日、東京地裁で、タレントでグラビアアイドルの熊田曜子(39)に暴力を振るったなどとして、暴行の罪で起訴された会社経営者の夫の第2回公判が開かれ、検察側の証人として熊田本人が出廷したことが話題となった。

 熊田が立った証言台の周囲にはパーティション(ついたて)が設置され、夫婦の距離は2メートルほどだったが、顔を合わせることはなかったという。暴行時の様子を証言した熊田は、被告から殴られたと述べたほか、証拠として、熊田が暴行を受けた際に録音した音声データが再生された。

 女性セブンでは、この音声データを事件後の今年6月に、熊田の親族周辺からいち早く入手。その詳細を報じていた。

 音声データには、夫による凄惨なDVの様子が生々しく記録されていた。熊田の親族関係者が明かす。

「夫のAさんが曜子の浮気を疑っていたのは事実のようで、数週間前から夫婦関係がギクシャクしていたそうです。その日(事件が起きた5月17日)の夜は3人の子供たちと一緒にご飯を食べていましたが、Aさんは曜子の手料理には手をつけず、コンビニで買ってきたお総菜を食べていたと聞きました。その後、夜9時頃にAさんが外出し、酔った様子で帰宅したのは深夜0時過ぎだったそうです」

 熊田は普段は子供3人と同じ寝室のベッドで寝ているが、その夜はAさんとしっかり話し合おうと、Aさんのベッドで待っていたという。ところが、Aさんにベッドから追い出されてしまったため、子供たちを起こさないよう、寝室ではなく別の部屋に布団を敷いて寝ようとした。そこにAさんが入ってきて、熊田を脅すような口調で責め始めたという。音声データは、そこから始まっていた。

熊田「“ひっぱたく”とか、“ぶん殴りたい”って言うのやめて」
Aさん「なんで? 本心だからしょうがないじゃん」
熊田「そうやって言われると怖くて話せないから」
Aさん「うん。で?」
熊田「胸が苦しくなって、ドキドキして話せないから……」

関連キーワード

関連記事

トピックス