国内

小室夫妻 海外パパラッチの猛勢に早くも「日本出戻り」の可能性

海外でも注目度の高い小室眞子さんと圭さん夫妻(時事通信フォト)

海外でも注目度の高い小室眞子さんと圭さん夫妻(時事通信フォト)

 小室眞子さんと圭さん夫妻がニューヨークへと旅立った。現地では今、“Komuroフィーバー”に沸いている。

「夫妻がジョン・F・ケネディ国際空港に到着するや否や、英タブロイド紙が二人の新居がマンハッタンのヘルズキッチン地区であることを写真付きで報じたり、地元紙も新居の家賃を報じるなど報道が過熱しています。

 日本のメディアから逃れるためにNYでの生活に活路を見出した二人でしたが、ここまで注目されるのは予想外だったのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 英王室に詳しい皇室ジャーナリストの多賀幹子氏は、海外メディアの執拗さをこう語る。

「初めて菊のカーテンを開けてNYにやってきたロイヤルカップルをパパラッチが標的にするのは当然で、可能な限り面白い写真を撮ろうとするでしょう。その中にはストーカーまがいのことをする人もいて、ダイアナ妃の交通事故死は追いかけ回してくるパパラッチを振り切ろうとして起こったものだと言われています」

 夫妻には、さらなる難関も迫っている。

 小室さんはNY州の弁護士事務所に就職したものの、7月の司法試験に不合格。本誌・週刊ポスト2021年11月19・26日号では、再チャレンジする予定の2月の試験に落ちた場合、事務所を解雇される可能性について報じた。

 そして解雇となった場合には、“日本への出戻り”すらあるという。前出の皇室ジャーナリストが語る。

「満足のいく生活を送れる稼ぎもなく、毎日パパラッチに追われる生活に嫌気がさしてしまうことは十分に考えられます。何より、そんな娘の姿を見た秋篠宮ご夫妻が日本に呼び戻す可能性は否定できません。

 さらに宮内庁関係者は、ヘンリー夫妻が米メディアに『王室内で人種差別があった』と爆弾告白したように、小室夫妻が現地メディアの取材に応じることを怖れています。目の届く国内にいてほしいのが本音でしょう」

 小室夫妻に安住の地はあるのか。

※週刊ポスト2021年12月3日号

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン