• TOP
  • 国内
  • 雅子さま、美智子さま、佳子さま…ティアラで辿る女性皇族の煌めく笑顔

国内

2021.11.26 16:00  女性セブン

雅子さま、美智子さま、佳子さま…ティアラで辿る女性皇族の煌めく笑顔

 今年、ついに成人される天皇皇后両陛下のご長女・愛子さま。成年行事では格式高いドレスであるローブ・デコルテをお召しになり、ティアラも披露されることが決定した。そのご決断は、国民を思うがゆえだった。12月1日に誕生日を迎えられ、いよいよ成人となられる愛子さま。成年行事は12月5日に行われる予定だ。当日は午前中に宮中三殿を参拝後、天皇陛下から勲章を受け取り、午後にはローブ・デコルテにティアラを着用された正装で両陛下に挨拶される。

 ティアラは新調せず清子さんのものを借り、愛子さまに合わせたサイズ調整が行われた。その裏には「コロナが収束し、国民の生活や経済が落ち着くまでは…」というご配慮があったそうだ。成年後も、より一層国民に寄り添うご活躍をされるに違いない。

 ご成年、ご即位といった大切なとき、女性皇族方の笑顔に華を添えてきたティアラを振り返る。

(時事通信フォト)

笑顔で手を振られる雅子さま(時事通信フォト)

(時事通信フォト)

微笑まれる雅子さま(時事通信フォト)

■皇后雅子さま(57才)
 2019年11月、御代がわりの儀式「祝賀御列の儀」で、ティアラ姿を披露された雅子さま。皇后に受け継がれるティアラの中で最も由緒ある「皇后の第一ティアラ」と呼ばれるもので、雅子さまも即位に合わせて美智子さまから受け継がれた。

(写真/アフロ)

香淳皇后から受け継がれたティアラ(写真/アフロ)

■上皇后美智子さま(87才)
 1990年11月、平成の即位パレードでの美智子さまのティアラ姿。ティアラの起源は130年以上前までさかのぼるとされ、美智子さまも香淳皇后から受け継がれた。美智子さまは秩父宮妃勢津子さまから預かった「第三ティアラ」もお持ちだが、雅子さまに受け継がれたかは不明だ。

(撮影/JMPA)

唐草デザインが特徴(撮影/JMPA)

■秋篠宮妃紀子さま(55才)
 皇太子妃と同等の待遇である皇嗣妃となられたことで、紀子さまは「皇太子妃のティアラ」を受け継がれたとされる。唐草デザインが特徴で、美智子さまや雅子さまはご結婚の際に身につけられた。

(時事通信フォト)

ティアラは私費で作られた(時事通信フォト)

■黒田清子さん(52才)
 上皇上皇后両陛下のご長女・黒田清子さんも、ティアラをつけていた。上皇ご夫妻の私費で作られたため、結婚後も清子さんが所有している。愛子さまはこのティアラを借りる予定だ。

(撮影/JMPA)

公費で作られたティアラはすでに返却された(撮影/JMPA)

■小室眞子さん(30才)
 眞子さんが成人した際に作られたティアラは約2856万円。公費で作られたティアラは皇室を離れる際には国に返すことになっているため、小室圭さんとの結婚に合わせてすでに返却、宮内庁で保管されているという。

(撮影/JMPA)

ティアラはミキモト製作(撮影/JMPA)

■秋篠宮佳子さま(26才)
 佳子さまが成年された際には、約2793万円でティアラが作られた。製作業者を公募し、コンペ方式で審査。適格とされた5社から選ばれた宝飾品大手「ミキモト」が担った。ミキモトは清子さんのティアラも製作した実績があった。

※女性セブン2021年12月9日号

関連記事

トピックス