• TOP
  • 国内
  • まったく外出しない小室佳代さん、テレビ電話で眞子さんと頻繁に連絡か

国内

2021.12.03 16:00  女性セブン

まったく外出しない小室佳代さん、テレビ電話で眞子さんと頻繁に連絡か

NYにいる眞子さんに佳代さんはテレビ電話をかけているという

NYにいる眞子さんに佳代さんはテレビ電話をかけているという

 小室圭さん(30才)と眞子さん(30才)がニューヨークに旅立ったのが11月14日のこと。小室さんの実家マンション周辺では、2人の結婚以来、母親・佳代さんの姿はまったく見かけられていない。外出もままならないほど伏せっているのかと思いきや、小室家を知る人物は、意外なことを口にするのだ。

「たしかに、生鮮食品や日用品の買い物などは、父親に任せたりネット通販を利用するなど一切外出しないようにしていますが、佳代さんは“籠城生活”を楽しんでいるようなんです。その理由の1つは、毎晩のように行っている、眞子さんとのテレビ電話です」

佳代さんは“働く女性”の大先輩

 ニューヨークでの眞子さんの生活には、海外メディアも大きく注目している。イギリスの大衆紙「デイリー・メール」は、眞子さんがひとりで大型スーパーへと買い出しに出かける姿を写真つきで報じた。購入したハンガーの本数まで報道するなど、“本場のパパラッチ”は執拗だ。

「眞子さんの相談相手になれる唯一の存在が佳代さんなんです。佳代さん自身、金銭トラブルが報じられてから取材攻勢を受けました。一方の眞子さんはこれまでも皇族として注目は集めていましたが、国に護られてきた面も大きい。眞子さんには、カメラの避け方や、メディア対応のアドバイスをしているようです」(小室家を知る人物)

 仕事についても同様だ。ニューヨークの美術館勤務が内定していると報じられているが、これまでフルタイムでの勤務経験がなく、複雑性PTSDを抱える眞子さんにとって、不安要素は山積みだろう。

「夫の死後、女手ひとつで小室さんを育ててきた“働く女性”の大先輩として話をすることもあると聞いています。週に何日働けばいいかなど、パートタイムでの勤務の仕方を具体的にレクチャーすることもあるようです」(前出・小室家を知る人物)

 皇室という“鳥籠”から自分を救い出してくれた小室さん。その小室さんが全幅の信頼を置く佳代さんに、眞子さんもまた信頼を寄せるようになるのは時間の問題だったのだろう。

「佳代さんは周囲に“眞子さんは紀子さまよりも私のことが好き”と漏らしていたといいます。皇室という究極の温室で育った眞子さんにとって、あらゆる手段で人生を切り開いてきた佳代さんは、力強く、魅力的な女性に映るのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 眞子さんと佳代さんには、精神的な不安を抱えているという共通点もある。

「佳代さんは以前、適応障害を理由に休職をしていたことがあります。結婚を前に複雑性PTSDであることを公表した眞子さんにしてみれば、自分のストレスや精神のゆらぎを理解してくれる人が身近にいることを心強く感じているに違いありません」(皇室記者)

 育まれた絆は、“義母と娘”という関係に変わったことで、さらにゆるぎないものとなった。

関連記事

トピックス