ビジネス

『世界「失敗」製品図鑑』著者が示す成長への作法は「戦犯探しをしないこと」

「失敗」と「成功」は糾える縄の如し

──失敗がもっと気軽に語られるようになると、失敗を恐れないマインドも広がるように感じます。

荒木:そのためには一つ作法があって、戦犯探しをしてはいけないです。たとえばサッカーの日本代表が負けると、どの選手が悪かったとか、誰と誰を代えればよかったとかいう話になりがちですよね。そういう話をしたくなる気持ちは僕もわかるんですが、属人性を排除して、構造的なところまで下りていかないと本当の失敗分析にはならないし、失敗が語られるようにはならないと思います。

──失敗を前向きに受け止める土壌も大切ですね。

荒木:世の中で騒がれるような大きな失敗は数が限られますが、もう少し小さい失敗、いわば「失敗もどき」はビジネスの世界でたくさん起きているはずし、必要でもあります。「失敗もどき」をどの段階で見つけ、属人的ではなく構造的に読み解き、改善していけるか。それが企業の成長につながっていくと思いますね。

──ちなみに荒木さんは失敗されますか?

荒木:こんな本を書いていると「荒木さんは失敗しないんですよね」と言われるんですが、もうね、失敗の連続。だからこういう本を書いているんです(笑)。

 これまでずっと「失敗」という言葉を使ってきましたが、失敗って抽象度の高い言葉なんです。前作(『世界「倒産」図鑑』)で書いた「倒産」は定義が明確です。対して失敗は、売上目標の50%以下だったら失敗なのか、何年以内に目標をできなかったら失敗なのか……。何らかの定義づけをすることもできるのですが、今回は、その辺りをあえて曖昧にしました。というのは、失敗って、単にある時間軸で切り取ったときの評価だからです。

──確かに、失敗がのちに成功を産んだのなら、それは失敗ではなかった、とも言えます。「禍福は糾える縄の如し」といいますが、失敗と成功も糾える縄の如し、と本書を読んで感じました。

荒木:短期で切り取ってみるとネガティブなことも、長期で見れば、評価はいかようにも変わるんですよね。それは僕自身の人生を振り返っても、そう感じます。失敗は必ずしも避けることではない、というメッセージをこの本から感じてもらえたらうれしいです。

◆荒木博行(あらき・ひろゆき)
株式会社学びデザイン代表取締役社長。住友商事、グロービス(経営大学院副研究科長)を経て、株式会社学びデザインを設立。フライヤーやNewsPicks、NOKIOOなどスタートアップ企業のアドバイザーとして関わるほか、絵本ナビの社外監査役、武蔵野大学で教員なども務める。著書に『藁を手に旅に出よう』(文藝春秋)、『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『世界「倒産」図鑑』『世界「失敗」製品図鑑』(日経BP)など著書多数。

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン