国内

「正しいパパ活は社会貢献」と語る男性も 「パパ側の理屈」とは

パパにパパの考え方がある

パパにパパの考え方がある

 パーティ企画会社「e-venz」が全国の20歳から49歳の独身女性3000人を対象に「パパ活経験の有無」についてのアンケート調査を行なったところ、10%の女性が「パパ活をしている」と回答。その理由は「美味しいご飯や非日常な体験ができる」「プレゼントがもらえる」などがメインで、それらの活動報告を自身のSNSに自慢するように投稿している女性たちも多く見受けられる。そうしたパパ活女子たちの声はネットでも多く見られるが、パパ側の心理はなかなか見えてこない。

 ここ2~3年のパパ活ブームに乗って始めたというパパもいれば、その言葉が生まれる10年以上前から「愛人」がいた、というパパもいる。今回は後者にあたる「20年以上前から愛人がいて、最近はパパ活をしている」というIT起業家の谷口さん(仮名、65歳)に本音を聞いた。

「パパ活なんて言葉が生まれるよりも20年ほど前から、私には常に愛人がいましたが、愛人には愛人の暗黙のルールがあって、ある意味、女性側にも“プロ意識”みたいなものがありました。パパからお手当をいただいて生活を支えてもらっている分、会話だけでなくベッドでもパパを楽しませるとか、秘密を厳守するとか、家庭を壊さないように一歩身を引くとか、美容やファッションなども努力していたと思います。

 パパ活はよりカジュアルになって、普通の学生やOLさんたちが“おじさんと一緒にご飯を食べたら、お小遣いがもらえる簡単なバイト”程度の感覚で参入してきているのでしょう。だから平気で待ち合わせ時間に遅れるし、最低限の清潔感すらない服装で現れたり、品のない振る舞いをしたりする女性たちも多く存在します。“若さがあれば売りになる”と勘違いしているような。

 また、私たちパパ側である男性陣の中にも、かつての愛人を持つパパのような品性を持たない男たちが増えているようにも思います。人間関係を築く前にいきなり体の関係を求めたり、最悪なケースではヤリ逃げする男性や、女性がシャワーを浴びているときに財布からお金を抜き取る輩さえいると聞きます。

 パパ活は決して世の中的に正当化される行為ではないと思います。でも少なくとも私は、多少なりとも経済的に余裕のあるパパ側の私が、若い女性とお付き合いする中で癒しだったり人生の豊かな時間を感じられたり男としての自信をもらえるから、そんな彼女たちへの感謝の気持ちと応援したい気持ちをお手当にして返しているのです。これまで私はひとり親で大学進学ができないと訴えてきたパパ活女子の学費の面倒を見たこともあれば、留学費用を援助したこともあります。

 自分の行いを正当化するわけじゃないけど、正しいパパ活は社会貢献とすら思っています」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト