芸能

高木ブーと仲本工事、ドリフ解散を語る「一人になるまでやっていると思う」

ドリフ

左から加治将樹、高木ブー、仲本工事、松本岳

 2020年にこの世を去ったザ・ドリフターズのメンバー・志村けんさんの半生を描いたドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ系)が12月27日に放送される。『女性セブン』では、ドリフメンバーの高木ブー(88才)、仲本工事(80才)と、高木役を演じた加治将樹(33才)、仲本役を演じた松本岳(28才)の座談会が実現。コントのスゴさを高木と仲本が振り返る。【全3回の第3回】

 * * *
松本岳(以下、松):役作りで銭湯コントの映像を見たら、仲本さんが番台から「へい、らっしゃい!」と飛び降りて、いかりやさんの頭をがしがし洗う姿がめちゃくちゃ楽しそうだなって。

仲本工事(以下、仲):あれは楽しかったもんなぁ。

加治将樹(以下、加):松ちゃんも遠藤(憲一=いかりや長介役)さんを洗いながらいきいきしていたよ。

松:自分も楽しくやろうとハジけました! コント映像でもあまりに4人が楽しそうで、いかりやさんに恨みでもあるのかなって(笑い)。

高木ブー(以下、高)・仲:あるよぉ〜!

加・松:また揃いましたね(笑い)。

高:加藤や志村がワーッと長さんにやっても憎めないんだよな。

仲:普段からいかりやさんの動きを知っていて、強引に引っ張ったり絶対にしない。いかりやさんの段取りに付随してチームワークで芝居をしているから、無理がなくてみんなが笑っていられるんだよね。

松:銭湯をはじめ劇中のセットはどれも“まんま”リアルで、あの世界に入れたんだと思うと幸せでした。

加:『全員集合』の法被と鉢巻きをして自分が「ドリフ」として過ごしたなんて、いまでも夢みたい。

松:夢の時間ははかなくて、“あぁ、終わっちゃったのかぁ”って。

関連記事

トピックス