ビジネス

【大ヒット小説シリーズ最新作】『トヨトミの暗雲』最終回「名義貸し」

イラスト/大野博美

イラスト/大野博美

 覆面作家・梶山三郎氏のベストセラー小説『トヨトミの野望』『トヨトミの逆襲』は、「小説ではなくノンフィクションなのではないか」と大きな話題になり、経済界を震撼させた。その続編となる第三弾『トヨトミの暗雲』をNEWSポストセブン上で特別公開。最終回となる今回は、巨大自動車メーカー「トヨトミ自動車」の系列ディーラー最大手・おわりも―ターズの社長にある“黒い噂”があるようで――。(第2回「共食い」から続く)

  * * *

親藩と外様大名

 【二〇二一年九月名古屋市塚原カーサービス】

 午後六時半。名古屋市の繁華街・栄で取材を終えた高杉文乃は、市内に住んでいる親族の家に立ち寄るために、クルマを大府方面に走らせた。思えばコロナ禍もあってずいぶんご無沙汰してしまっていた。

 十五分ほどで、幹線道路沿いに「塚原カーサービス」の赤い看板が見えてきた。義兄が経営している中古車や軽自動車の新車を取り扱う店だ。

 中古車展示スペースの脇からクルマを乗り入れると、奥のプレハブ建ての事務室にいた義兄の塚原保がヘッドライトに気づき、外に出てくる。パワーウィンドウを開いて顔を出すと、保は突然の訪問に驚きつつ、整備工場の方を指さした。そこにクルマを停めた。

「よお、文乃ちゃん。久しぶりだな。どうした?」とツナギ姿の保が歩み寄ってくる。

「お義兄さんも久しぶり。隼人に呼ばれてさ」

 保は怪訝な顔をしたが、まあいいや、仕事片づけてすぐ行くから上がってて、散らかってるけど、と小走りで事務室に戻っていった。整備工場の二階が保と息子の隼人の家だ。外階段を昇り、玄関に入ると懐かしい匂いがした。姉の志乃が亡くなって十年。この家に来るとまだ姉の匂いが残っている気がする。

 リビングの仏壇で線香をあげていると、隣の部屋で物音がした。ドアをノックして、はやとー、来たよー、と声をかけるとドアが開き、学生服のままの隼人が顔を出した。会うのは久しぶりだったが、時折LINEで進路の相談に乗っていた。歳は一回り以上離れているが、隼人は甥というより弟という感覚に近い。その隼人から「話がある」とメッセージが来たのは、昨夜のことだった。

「何かあった?」と聞くと、隼人はしばらくもじもじとしていたが、やがて口を開いた。

「おばさん、新聞記者やってるんだよね?」勉強机の椅子に腰を下ろし、隼人は言った。

「おばさんはやめて」      

「母さんの妹だから叔母さんじゃん」と口を尖らせる隼人の頭をげんこつでこつんとやって、文乃はベッドに腰かけた。

「俺、見たんだ。変な奴らに親父が連れて行かれるところ」

「連れて行かれるって、誰に?」

「先月、俺が学校に行くときに男が二人店に来て、親父と話してた。ガラの悪い奴らで気になったから、出かけるふりをして店のクルマの陰に隠れて聞いてたんだ。ところどころしか聞こえなかったんだけど、〝ヤクザ〟とか〝暴力団〟とか言っているのが聞こえて……」

「その人たちにお義兄さんは連れて行かれたってわけね」

「うん。学校から帰ったらもう家にいたけど」

「本人に聞いてみた?」そうたずねると、聞けるわけないよ、と隼人はこちらの語尾にかぶせるように言った。

「盗み聞きしたのがバレるじゃん。それに、その朝は親父とケンカしてたんだ。だから結局聞けずにそのまま……」

 そしてすぐに不安げな顔になる。

「親父、ヤクザに脅されてるのかな?」

関連キーワード

関連記事

トピックス