ライフ

俳優・升毅が伝授!「筑前煮」を簡単に手早く作る秘伝レシピ

手間のかかる筑前煮を簡単に手早く「直前煮」

手間のかかる筑前煮を簡単に手早く「直前煮」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が、簡単に手早く作る『筑前煮』のレシピを紹介する。

「直前に思い立っても、あっという間にできるから『直前煮』と名づけました。水煮野菜のパックを使うことで、多種類の野菜を下ごしらえする手間と煮る時間が省け、わずか10分程でできあがり!

 手軽に作れるのに旨味たっぷりの煮物は、ほっこりすると仲間からも好評です。おせちにも最適な一品なので、ぜひ年末に作ってみてください」

手間のかかる筑前煮を簡単に手早く『直前煮』レシピ

■材料(2人分)
鶏もも肉(カット済み)…200g
筑前煮の具(水煮野菜パック れんこん、ごぼう、にんじん、たけのこ など)…1袋(約300g)
A[しょうゆ…大さじ2、酒…大さじ2、みりん…大さじ2]
絹さや…適宜

■作り方
【1】鍋にサラダ油を熱し、鶏もも肉を中火で炒める。
【2】水煮野菜を液ごと加え、こんにゃくを手でちぎりながら入れる。

こんにゃくを手でちぎりながら入れる

こんにゃくを手でちぎりながら入れる

【3】水と顆粒だし、[A]を加えて中火で加熱する。煮たったら落としぶたをして5分程煮てから冷ます。

水と顆粒だし、[A]を加えて中火で加熱

水と顆粒だし、[A]を加えて中火で加熱

【4】器に盛りつけ、筋をとってサッと茹でた絹さやを飾る。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年1月1・7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト