国内

新型コロナウイルスワクチン 子供の接種は本当に必要なのか 

子供のワクチン接種は本当に必要か(写真/PIXTA)

子供のワクチン接種は本当に必要か(写真/PIXTA)

 仕事のために、家族のために打ったワクチンで体に異変をきたしてしまった──『女性セブン』2022年2月3日号の「コロナより恐ろしいワクチン後遺症」では当事者たちの苦しみを取り上げたが、それは大人だけの問題ではない。接種後に体調を崩して学校に行けず、苦しむ子供たちとその家族がいる。

 元気だったわが子が、ある日を境に健康を害し、学校へ通えなくなってしまったら──子を持つ親なら、その苦しみが痛いほどわかるはずだ。

 これまで、新型コロナウイルスワクチンを接種できる年齢は、12才以上とされてきた。だが、1月21日、厚生労働省は専門家による部会で、接種対象を5才以上とすることを承認し、3月中には子供への接種が始まる予定だ。

 しかし、幼い子供たちにまで本当にワクチンが必要なのか。本誌・女性セブン2022年2月3日号でもレポートした通り、接種後、後遺症に苦しむ人が存在し、それは10代の子供も例外ではない。先に接種をした子供に何が起きているのか、親だけでなく、未来に責任を持つ大人すべてが知っておくべきだろう。ジャーナリスト・鳥集徹氏と女性セブン取材班がレポートする。

教科書の内容が頭に入ってこない

 関東地方に住むHくん(13才)は、毎日元気に登校して、部活にも励む健康そのものの中学生だった。ところが、昨年9月中旬の接種以降、まったく学校へ通えなくなった。Hくんの両親に話を聞いた。

「コロナの後遺症で苦しむ子供がいるとテレビのニュースで見ていたので、怖いなと思って接種させたんです。近くの病院で打った後、帰りの車で珍しく眠ったくらいで、ほかは普段と変わりなく、夕食も普通に食べていました。

 翌日、微熱が出て横になっていましたが、2日目には熱も下がったので、友達と約束していたサイクリングに出かけたんです。ところが、帰りにこれまで経験したことのないような倦怠感が出たらしく、やっとの思いで自転車をこいで帰ってきました」

 すぐに入浴させたが、上がってしばらくすると、大量の汗をかき始めた。体温を測ると38℃近くの発熱。それから4か月経った現在もぐったりしたままだという。

「体温が大きく変動して、35℃台になったかと思うと、いまも夜には決まって37.5℃前後の熱が出るんです。食事のとき以外は、ほとんど横になっています。勉強が遅れるのが心配なので、『教科書だけでも読んだら?』と言ったこともありますが、集中力が続かず、頭に入ってこないと言います。スマホの操作もおぼつかないようで、ただぼーっと画面を眺めているような感じで……」(両親・以下同)

 異変はそれだけではない。

「もともとハンバーグやステーキ、焼き肉が大好きでしたが、体調を崩してからは『食べたくない』と言って、野菜や鶏のささ身をだしで煮たようなあっさりしたものしか受けつけなくなってしまいました。運動をしていないせいか、食欲がわかないようで、食べられるのは少量です。

 それから、音や痛みにすごく敏感になりました。名前を呼ぶだけでびくつくこともあります。どうして?と聞いたら、『常に頭がぼーっとしているから、急に呼びかけられたように感じる』と言うんです。充分に体を動かすことができないから、ほぐすためにマッサージをしようとして、ポンポンと背中を軽く叩くだけでも、すごく痛がります」

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン