中学生を対象とした集団接種。12~19才の接種率は74%にのぼる(時事通信フォト)

中学生を対象とした集団接種。12~19才の接種率は74%にのぼる(時事通信フォト)

 登校した日もあったが、授業にまったく集中できず、ぐったりして帰ってきた。何とか外に連れ出そうと、犬の散歩をしてみるが、30分もすると帰ってきて、「疲れた」と横になってしまう。

「ずっと学校を休んでいるから、外に出て、同級生と道で会うのも嫌みたいなんです。勉強がかなり遅れてしまったことへの焦りもあり、体の不調に加えて気持ちの落ち込みも強いようで……。何とか症状を緩和する手立てがほしいと強く思っています」

 接種後に生じた激しい頭痛のために学校に通えなくなった関東地方在住の中学生もいる。年齢や性別を非公開にすることを条件に保護者がメールで取材に応じた。

「去年11月上旬、2回目を接種した直後にひどい頭痛が始まりました。かかりつけ医で処方された鎮痛薬がまったく効かず、1週間経っても治らない。再度受診して、『これはワクチンのせいではないですか』と聞いたのですが、『違います。スマホはほどほどにして、よくレバーを食べて』と言われてしまいました。子供にスマホは持たせていないのですが……」

 再診時は別の鎮痛薬が処方されたが、2週間経っても治らない。調剤薬局の薬剤師の助言で、今度は総合病院の脳神経外科を受診した。しかし、ここでもワクチンとは関係ないと診断され、鎮痛薬の処方とともに様子見となった。

「3週間経っても改善しないので、再び脳神経外科を受診し、『こんなに頭痛が続いているのはおかしいので、もっと調べてもらえないか』と頼みました。しかし、そのときも先生に『ワクチンでそんな副作用出るのかなぁ? うちでは同じ鎮痛薬くらいしか出せないよ』と言われ、『ならせめて脳のMRI検査だけでも』と頼み、やっとのことで渋々検査をしてくれました。

 結果は異常なし。先生からは、『これ以上できることはない、もしどうしてもワクチンのせいだと言うなら、自分で診てもらえる病院を探して』と突き放されてしまいました」

 年末になって、知人の紹介でようやく親身になって診てくれる病院を見つけ、家族は初めて救われた気持ちになったという。しかし、治療は手探り状態で、症状は現在も続く。

「子供は頑張って学校に行っていますが、ひどい頭痛に耐えられずに最後まで授業を受けられず、毎日早退して親が迎えに行っています。先の見えない状況に、時々私たちも押しつぶされそうになりますが、何とか家族で励まし合いながら日々を過ごしています」

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン