芸能

深津絵里 交際歴15年以上の恋人と結婚はしない“大人同士の関係”

昨年末、エステで体のメンテナンスを終えた深津絵里

恋人との結婚はどうなるか(昨年末、エステで体のメンテナンスを終えた深津絵里)

 神秘的だが親近感もある女優が連ドラの世界に戻ってきた。NHK朝ドラ史上最年長のヒロインとなった深津絵里(49才)。3人のヒロインで100年間を描く『カムカムエヴリバディ』で深津が演じるのは、現在放送中の第2章・大阪編の“るい”だ。

 深津にとって初めてとなる朝ドラへの出演は、NHKの熱烈なオファーで実現。大阪の撮影現場には、15年以上の関係になる恋人でスタイリストの白山春久氏が寄り添い、専属スタイリストとして活躍している。

 かつては番宣のためのバラエティーにも出演していた深津だが、最近は取材そのものを受けることが減っており、それは『カムカム』についても変わらない。コメントはNHKを通じて、わずかに発表されるに留まっている。

「数少ないファッション誌のインタビューもほとんどを海外で受けていて、その際も白山さんはスタイリストとしてほぼすべてのロケに同行しています。取材先はサンフランシスコやパリ、コペンハーゲンなどなど。コロナ前にはイギリスに長期間の滞在をしていたこともあります。

『恋人と一緒に仕事として海外へ行けるなんてうらやましい』と冗談めかして言う人もいますが、それだけ信頼し合っているパートナーなのだと思います。深津さんは自分に似合う服をよく知っていますが、それも白山さんの影響が大きいのでしょう」(ファッション誌関係者)

 交際15年以上で、年齢は40代後半。大人同士の関係を貫く深津には結婚という選択肢はないようだ。

「表現者としての深津さんにとっては“家族がいない”というのがベストな選択だと思います。ひとりで自立しているからこそ、のびのびと、したい仕事だけを選べているとも言えるでしょう。所属先にも恵まれていて、看板俳優やアーティストを多く抱える大手事務所なので、深津さんが仕事を詰め込む必要がないのも大きいと思います」(テレビ局関係者)

 最近は、知名度に比べると露出があまりにも少ないため、どうやって生活を成り立たせているのか不思議に思っている関係者も多いんだとか。深津の知人が語る。

「ふかっちゃんは、彼女ほどの立ち位置の女優さんのなかでは確かにそれほど稼いでいるわけではないですよ。でも、お金よりも優先させることがしっかりとあるのがふかっちゃん。だから、拘束期間が長いけれどもギャラが高いわけではない舞台や映画の仕事を自らの意志で選んでいるんです。白山さんと、お互いの仕事を尊重し合いながら支え合う。彼女にとって、いまがいちばん充実した人生なのではないでしょうか」

『カムカム』大阪編も、中盤から後半へと差し掛かり、るいの恋人へのまっすぐな思いに心打たれる視聴者が続出中。公私ともに深津の生き方に日本中が魅了される日々がしばらく続きそうだ。

※女性セブン2022年2月10日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン