芸能

深津絵里 交際歴15年以上の恋人と結婚はしない“大人同士の関係”

昨年末、エステで体のメンテナンスを終えた深津絵里

恋人との結婚はどうなるか(昨年末、エステで体のメンテナンスを終えた深津絵里)

 神秘的だが親近感もある女優が連ドラの世界に戻ってきた。NHK朝ドラ史上最年長のヒロインとなった深津絵里(49才)。3人のヒロインで100年間を描く『カムカムエヴリバディ』で深津が演じるのは、現在放送中の第2章・大阪編の“るい”だ。

 深津にとって初めてとなる朝ドラへの出演は、NHKの熱烈なオファーで実現。大阪の撮影現場には、15年以上の関係になる恋人でスタイリストの白山春久氏が寄り添い、専属スタイリストとして活躍している。

 かつては番宣のためのバラエティーにも出演していた深津だが、最近は取材そのものを受けることが減っており、それは『カムカム』についても変わらない。コメントはNHKを通じて、わずかに発表されるに留まっている。

「数少ないファッション誌のインタビューもほとんどを海外で受けていて、その際も白山さんはスタイリストとしてほぼすべてのロケに同行しています。取材先はサンフランシスコやパリ、コペンハーゲンなどなど。コロナ前にはイギリスに長期間の滞在をしていたこともあります。

『恋人と一緒に仕事として海外へ行けるなんてうらやましい』と冗談めかして言う人もいますが、それだけ信頼し合っているパートナーなのだと思います。深津さんは自分に似合う服をよく知っていますが、それも白山さんの影響が大きいのでしょう」(ファッション誌関係者)

 交際15年以上で、年齢は40代後半。大人同士の関係を貫く深津には結婚という選択肢はないようだ。

「表現者としての深津さんにとっては“家族がいない”というのがベストな選択だと思います。ひとりで自立しているからこそ、のびのびと、したい仕事だけを選べているとも言えるでしょう。所属先にも恵まれていて、看板俳優やアーティストを多く抱える大手事務所なので、深津さんが仕事を詰め込む必要がないのも大きいと思います」(テレビ局関係者)

 最近は、知名度に比べると露出があまりにも少ないため、どうやって生活を成り立たせているのか不思議に思っている関係者も多いんだとか。深津の知人が語る。

「ふかっちゃんは、彼女ほどの立ち位置の女優さんのなかでは確かにそれほど稼いでいるわけではないですよ。でも、お金よりも優先させることがしっかりとあるのがふかっちゃん。だから、拘束期間が長いけれどもギャラが高いわけではない舞台や映画の仕事を自らの意志で選んでいるんです。白山さんと、お互いの仕事を尊重し合いながら支え合う。彼女にとって、いまがいちばん充実した人生なのではないでしょうか」

『カムカム』大阪編も、中盤から後半へと差し掛かり、るいの恋人へのまっすぐな思いに心打たれる視聴者が続出中。公私ともに深津の生き方に日本中が魅了される日々がしばらく続きそうだ。

※女性セブン2022年2月10日号

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン