国内

岡田晴恵氏、医療体制に不安を示す「国民皆保険制度が崩れた」

インフルエンザ流行への懸念も(岡田晴恵・白鴎大教授)

インフルエンザ流行への懸念も(岡田晴恵・白鴎大教授)

 新型コロナ「第6波」が襲来するなか、“軽症で済む”との楽観論も広がっている。はたして本当にそうなのか。さらにインフルエンザの流行への不安もある。「コロナの女王」岡田晴恵・白鴎大教授が緊急解説する。【全4回の第3回】

 オミクロン株による第6波に続いて、インフルエンザとの同時流行「ツインデミック」も警戒される。もちろん医療体制の問題も出てくる。新型コロナの感染者が激増している今、これまで当たり前に受けていた医療機関での処置が受けられない可能性が高いのだ。岡田氏が語る。

「インフルエンザにはタミフルなどの抗インフルエンザ薬がありますが、発症後48時間以内に投与しなければなりません。ただ、オミクロン株拡大で検査もままならないなか、はたしてすぐに受診、検査、診断がされるのかは疑問です。インフルエンザが疑われる熱が出た時は、これまでだったら病院に行ってすぐに診断されて薬を処方されるということができたのですが、今は難しい状況です。

 日本ではワクチン、検査、薬の3つが揃って、インフルエンザでの致死率は約10分の1に下がりました。インフルエンザで高齢者を中心に年間1万人以上が亡くなっていたのが、3000人くらいに抑えることができるようになった。こうしたコロナ以外の一般医療に支障が出ているのではないかと心配です。

 また、新型コロナとインフルエンザに同時感染する『フルロナ』は重症化リスクが高く、英国の研究結果では同時感染者の死亡率は無感染者の6倍、新型コロナ感染者の2.3倍となっています。今後、インフルエンザが出ないことを願うばかりです」

 政府分科会の尾身茂会長ら専門家の有志は21日、政府に対して「若年層で重症化リスクの低い人については、必ずしも医療機関を受診せず、自宅での療養を可能とすることもあり得る」とするオミクロン株対策についての提言を提出した。

「病院には極力行かないようにとなると、新型コロナなのかインフルエンザなのか風邪なのかもわからないまま自宅療養する可能性もあります。

 オミクロン株は喉、鼻など上気道で増えやすいため、風邪の症状に近いという側面もあります。

 ただ、若い人でも高熱が出ることがあり、鼻や喉の痛み、熱や倦怠感がある。そうした症状があれば本来なら医療機関にかかりたいものですよね。それが今は50歳未満で基礎疾患がないなどリスクが高くない人は病院に行く必要はない、自宅療養でと言われてしまっているのです。国民皆保険制度が崩れたといっても過言ではない。この2月のコロナ流行をどう乗り切るのか、私は不安です」(岡田氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン