芸能

水卜麻美アナはどうなるか 桝アナ退社で日テレに「大量流出」危機も

日テレへの愛着は非常に強いという(写真/ロケットパンチ)

日テレへの愛着は非常に強いという(写真/ロケットパンチ)

 日本テレビの桝太一アナウンサー(40)が、MCを務める『真相報道バンキシャ!』(1月23日放送)の番組冒頭、3月末で同局を退社することを発表した。いわゆる“フリー転身”ではなく「研究者」を目指すという異例の決断で、視聴者だけでなく局内の同僚も驚いているという。40代男性社員が語る。

「男性アナではエース級の活躍をしているし、人柄も良くみんなから好かれている。とにかく真面目な性格で、番組前の準備が人一倍入念なのは誰もが知るところです。“フリー志向”があるとは思いませんでしたが、研究者になりたいというのが彼らしいなと思いました」

 桝アナは東大大学院在籍時に、アサリやアナゴの研究に没頭していたという“学者肌”で知られる。退社後は同志社大学ハリス理化学研究所の助教として、研究に取り組んでいくという。「バンキシャ」には継続して出演するが、前出の男性社員はこの一報を受け、社内がにわかに騒がしくなっていると言う。

「桝アナの退社で、水卜麻美アナ(34)が『フリーになるんじゃないか』という懸念が再燃しているんです。桝アナの同期だった青木源太アナ(38)も2年前にフリーになっているため、もしそうなればアナウンス室は大変です。

 もともと『私なんかを拾ってくれた』と、水卜アナは日テレへの愛着が非常に強い。すでに将来の『役員候補』とも言われています。今後は出世を選ぶか、フリーを選ぶか。ウチの上層部は気が気じゃないはず」

 水卜アナは「理想の上司ランキング」(明治安田生命調査)で5回連続1位を獲得している。もしそんな“理想の上司”が退社すれば、後輩たちに影響が及ぶ可能性もある。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が言う。

「日テレの若手女子アナにとって水卜アナは憧れであり、すぐ目の前にある“お手本”です。この10年、他局では人気アナが何人も退社しましたが、日テレは水卜アナの入社以降、女子アナは誰も辞めていない。

 しかし目標がなくなれば、雪崩のようにフリー転身を選ぶ人が出てくるかもしれません。海外挑戦も噂されるJリーグ・鹿島アントラーズの三竿健斗選手と結婚した後藤晴菜アナ(31)ら年齢の近い人たちにとっては、より影響が大きいのではないでしょうか」

 大物女子アナは、どんな未来を選ぶのか──。

※週刊ポスト2022年2月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン