ライフ

市場規模が拡大する代替肉 “肉よりヘルシー”な新たな食文化の落とし穴

中国の大手ハムメーカーでも開発が進む(共同通信社)

中国の大手ハムメーカーでも開発が進む(共同通信社)

炭水化物の摂りすぎになる

 いま、日本で代替肉といえば「大豆ミート」のことだが、アメリカのマクドナルドでは、昨年11月から一部の店舗で「マックプラント」と呼ばれる「牛肉レス」のハンバーガーが試験的に販売されている。ハンバーグの代わりにバンズに挟まれているのは、えんどう豆、米、じゃがいもなどから作られたパティだ。このように大豆以外の穀物を使った代替肉が普及すれば、大豆の過剰摂取リスクは解決する。しかし今度は炭水化物を二重に食べることになり、栄養不足や肥満のリスクが浮上する。

「普段の食事が脂質によるカロリーオーバーで肥満の人なら、代替肉にすることはヘルシーかもしれません。しかし、普通の人は代替肉にするとカロリーが不足する。足りないカロリーを補うためにご飯やパンを食べると、糖質の摂りすぎになってしまいます」

 渡辺さんは、そもそも豆が主原料の代替肉を、肉の代用品と考えるべきではないと指摘する。

「よく『良質なたんぱく質を摂りましょう』と言いますが、たんぱく質とは『動物性たんぱく質』のことだと厚生労働省も示しています。たんぱく質の栄養価を示す『アミノ酸スコア』というものがありますが、スコア値が高く、バランスがいいのは肉やチーズ、卵などの動物性たんぱく質であり、植物性たんぱく質はスコアが完全ではない。種類にもよりますが、豆は炭水化物も豊富に含んでいます」

 現在、食品メーカーでは競うように代替肉の商品開発が進んでいる。環境への配慮から代替肉を選ぶことは素晴らしい心がけだが、問題は「代替肉の方がヘルシー」という風潮だ。安易に流されてはいけない。

※女性セブン2022年3月17日号

アマゾンの樹木が次々伐採され、大豆畑に変えられている(GettyImages)

アマゾンの樹木が次々伐採され、大豆畑に変えられている(GettyImages)

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト