犬猫

噛まれる/犬の背後から慎重に前足を浮かせる

噛まれる/犬の背後から慎重に前足を浮かせる

「犬がほかの犬に噛まれたら、素早く噛んでいる犬の後ろに回り、首輪かハーネスを持って体にまたがり、両膝で犬の体を固定します。その状態のまま両前足を垂直に引き上げると、噛む力が弱まり引き離せます」(サニーカミヤさん)

 両足を持ち上げても離さない場合は、咽頭の下部に刺激を与える咽頭反射法も効果的。

万が一に備えて愛犬・愛猫に合わせてカスタマイズ

 いざというときのため、最低でも左記のアイテムは用意しておこう。「特に包帯は必須。伸縮包帯や粘着包帯は伸縮性があるので、足や関節回りのけがの処置に適しています。引っ張りながら巻くと、血が止まってしまうので、貼り付けるようにして巻きましょう。一方、伸縮性がない綿包帯は耳など首から上の処置に適しています。いずれも使いやすいサイズに切っておくこと」(サニーカミヤさん)。応急処置を行う際は、感染予防のために必ず手袋を装着して行うこと。

【ペット救急アイテムリスト】
□ガーゼ 5枚以上
□ワセリン
□伸縮包帯 2セット以上
□粘着包帯 2セット以上
□綿包帯 2セット以上(猫や小型犬の場合、包帯はすべて、幅1cm×長さ50cm程度にあらかじめ切っておくのがおすすめ)
□ゴミ袋(血液やガーゼを捨てる専用のもの。感染を防ぐために必要)
□ペットシーツ
□ピンセット(先が丸いもの)
□感染予防用手袋 1匹につき2枚以上(多頭飼いの場合、ペット間での感染を防ぐため)
※窒息防止のため、首から上に伸縮・粘着包帯は使わない。

取材・文/鳥居優美 イラスト/尾代ゆう子

※女性セブン2022年3月17日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン