スポーツ

羽生結弦、世界選手権欠場の理由は捻挫だけか 地元・仙台で練習を再開

(写真/アフロ)

世界選手権欠場の本当の理由は(写真/アフロ)

 3月上旬、凍えるような寒空の下降り続いていた小雨は、24時を回ると雪へと変わった。あたりは深い静寂に包まれ、仙台のスケートリンクの明かりだけが、勢いを増す雪を白く照らし出していた。深夜1時、スケートリンクの照明が消えると、1台の車がその場を走り去り、周囲は再び暗闇に覆われた。リンクから出てきたのは、北京から帰国し、隔離期間を終えたばかりの羽生結弦(27才)だ。

「長い間拠点にしている地元のスケートリンクで練習を再開したようです。これまで通り、リンクが営業を終了して誰もいなくなった深夜にひとりだけで行い、24時を過ぎても続けることが多いようです」(地元の住民)

 北京五輪後も、変わらないルーティンをこなす羽生。今後の動向が世界中の注目を浴びるなか、彼はいま、何を考えているのか──。

 北京五輪の公式練習で、かねて痛めていた右足首を捻挫してしまった。ショートプログラムでは最初の4回転ジャンプを跳ぼうとした際にリンクにできた穴にはまってしまう不運に見舞われ、出遅れた。それでもフリーでは4回転半に果敢に挑戦し、転倒はしたものの、国際スケート連盟に、史上初めて4回転半が成されたと認められた。

 2月20日のエキシビションでは『春よ、来い』に合わせた華麗な演技を披露し、滑り終わると目を潤ませながら、両手を口元に添えて「ありがとうございました」と感謝の気持ちを表した。

 その翌日、北京から成田に到着すると、コロナ禍を気遣って「おつかれさま」「ありがとう」と小声で出迎えた300人のファンたちに向かって、羽生は歩みを進めるたびにお礼を返し、その数は実に30回にも及んだ。

「羽生選手は関係者の1人として北京五輪に帯同した母親の由美さんと一緒に帰国し、そのまま仙台に戻りました。それから7日間の隔離期間は自宅で過ごしたと聞いています。エキシビションの後、彼は『足首はちゃんと休ませてあげようかなと思っている』と話していました。この後はしばらく公の場で滑る機会もないので、治療のために休養するものと思っていたのですが……」(フィギュアスケート関係者)

 隔離期間明け直後の3月1日、羽生は3月21日からフランス・モンペリエで開催される世界選手権を欠場すると発表した。北京五輪で痛めた右足関節の捻挫が完治していないのがその理由だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン