スポーツ

羽生結弦、世界選手権欠場の理由は捻挫だけか 地元・仙台で練習を再開

(写真/アフロ)

世界選手権欠場の本当の理由は(写真/アフロ)

 3月上旬、凍えるような寒空の下降り続いていた小雨は、24時を回ると雪へと変わった。あたりは深い静寂に包まれ、仙台のスケートリンクの明かりだけが、勢いを増す雪を白く照らし出していた。深夜1時、スケートリンクの照明が消えると、1台の車がその場を走り去り、周囲は再び暗闇に覆われた。リンクから出てきたのは、北京から帰国し、隔離期間を終えたばかりの羽生結弦(27才)だ。

「長い間拠点にしている地元のスケートリンクで練習を再開したようです。これまで通り、リンクが営業を終了して誰もいなくなった深夜にひとりだけで行い、24時を過ぎても続けることが多いようです」(地元の住民)

 北京五輪後も、変わらないルーティンをこなす羽生。今後の動向が世界中の注目を浴びるなか、彼はいま、何を考えているのか──。

 北京五輪の公式練習で、かねて痛めていた右足首を捻挫してしまった。ショートプログラムでは最初の4回転ジャンプを跳ぼうとした際にリンクにできた穴にはまってしまう不運に見舞われ、出遅れた。それでもフリーでは4回転半に果敢に挑戦し、転倒はしたものの、国際スケート連盟に、史上初めて4回転半が成されたと認められた。

 2月20日のエキシビションでは『春よ、来い』に合わせた華麗な演技を披露し、滑り終わると目を潤ませながら、両手を口元に添えて「ありがとうございました」と感謝の気持ちを表した。

 その翌日、北京から成田に到着すると、コロナ禍を気遣って「おつかれさま」「ありがとう」と小声で出迎えた300人のファンたちに向かって、羽生は歩みを進めるたびにお礼を返し、その数は実に30回にも及んだ。

「羽生選手は関係者の1人として北京五輪に帯同した母親の由美さんと一緒に帰国し、そのまま仙台に戻りました。それから7日間の隔離期間は自宅で過ごしたと聞いています。エキシビションの後、彼は『足首はちゃんと休ませてあげようかなと思っている』と話していました。この後はしばらく公の場で滑る機会もないので、治療のために休養するものと思っていたのですが……」(フィギュアスケート関係者)

 隔離期間明け直後の3月1日、羽生は3月21日からフランス・モンペリエで開催される世界選手権を欠場すると発表した。北京五輪で痛めた右足関節の捻挫が完治していないのがその理由だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト