ライフ

生活の質を落とす「夜間頻尿」は高い疾病リスクも潜んでいる

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

 排尿で泌尿器科を受診する患者が一番多く訴えるのは夜間頻尿だ。夜中に2回以上の排尿がある夜間頻尿の高齢者は骨折率が高く、他にも様々な疾病を抱えるリスクや、寿命が縮む可能性もあるという研究報告がある。夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿で、多飲を止めれば、症状が改善するケースもあるが、中には膀胱や脳神経が原因の頻尿もあり、侮るのは禁物だ。

 日本排尿機能学会によれば、男女ともに下部尿路症状の中で最も多いのが夜間頻尿だという。夜間頻尿とは夜間に排尿のため1回以上起きなければならず、それにより困難を感じている状態のこと。夜半の排尿が2回以上になると、生活の質が低下するので、治療が必要とされている。

 夜間に2回以上の夜間頻尿を有する高齢者と、1回以下の高齢者を5年間観察したところ、夜間頻尿の人は転倒による骨折が、そうでない人に比べ2倍以上も高く、さらに様々な疾病の罹患リスクも高まる結果となった。つまり、夜間頻尿は生活の質を下げるだけではなく、寿命が縮む可能性も否定できないらしい。

 東京慈恵会医科大学泌尿器科の古田昭准教授に聞く。

「夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿です。脳梗塞を気にして、お水をよく飲む方がいますが、それが原因で夜間頻尿になっているケースも多く見られます。ただ飲んだ水が血液に影響するのは約5分間程度なので、水分摂取は脳梗塞予防にはなりません。多尿・夜間多尿以外にも、膀胱蓄尿障害や睡眠障害でも夜間頻尿は起こります」

 排尿に支障をきたす膀胱蓄尿障害は過活動膀胱や前立腺肥大、間質性膀胱炎などで発症する。中でも過活動膀胱は男女合わせ国内に、1200万人以上の患者がいると推計されている。夜間頻尿以外に、切迫性尿失禁や尿漏れなどの症状も呈する。

 過活動膀胱は突然、膀胱が収縮して我慢できずに尿漏れする病気だ。寒さや水の音を聞いたことなどがきっかけで、脳のコントロールが利かず、急に膀胱が縮む。治療薬は膀胱の異常な収縮を抑制する抗コリン薬と、膀胱のβ3受容体に作用して膀胱の容量を増大させるβ3刺激薬がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト