ライフ

生活の質を落とす「夜間頻尿」は高い疾病リスクも潜んでいる

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

「夜間頻尿」はどう対処する?(イラスト/いかわ やすとし)

 排尿で泌尿器科を受診する患者が一番多く訴えるのは夜間頻尿だ。夜中に2回以上の排尿がある夜間頻尿の高齢者は骨折率が高く、他にも様々な疾病を抱えるリスクや、寿命が縮む可能性もあるという研究報告がある。夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿で、多飲を止めれば、症状が改善するケースもあるが、中には膀胱や脳神経が原因の頻尿もあり、侮るのは禁物だ。

 日本排尿機能学会によれば、男女ともに下部尿路症状の中で最も多いのが夜間頻尿だという。夜間頻尿とは夜間に排尿のため1回以上起きなければならず、それにより困難を感じている状態のこと。夜半の排尿が2回以上になると、生活の質が低下するので、治療が必要とされている。

 夜間に2回以上の夜間頻尿を有する高齢者と、1回以下の高齢者を5年間観察したところ、夜間頻尿の人は転倒による骨折が、そうでない人に比べ2倍以上も高く、さらに様々な疾病の罹患リスクも高まる結果となった。つまり、夜間頻尿は生活の質を下げるだけではなく、寿命が縮む可能性も否定できないらしい。

 東京慈恵会医科大学泌尿器科の古田昭准教授に聞く。

「夜間頻尿の最大の原因は多尿・夜間多尿です。脳梗塞を気にして、お水をよく飲む方がいますが、それが原因で夜間頻尿になっているケースも多く見られます。ただ飲んだ水が血液に影響するのは約5分間程度なので、水分摂取は脳梗塞予防にはなりません。多尿・夜間多尿以外にも、膀胱蓄尿障害や睡眠障害でも夜間頻尿は起こります」

 排尿に支障をきたす膀胱蓄尿障害は過活動膀胱や前立腺肥大、間質性膀胱炎などで発症する。中でも過活動膀胱は男女合わせ国内に、1200万人以上の患者がいると推計されている。夜間頻尿以外に、切迫性尿失禁や尿漏れなどの症状も呈する。

 過活動膀胱は突然、膀胱が収縮して我慢できずに尿漏れする病気だ。寒さや水の音を聞いたことなどがきっかけで、脳のコントロールが利かず、急に膀胱が縮む。治療薬は膀胱の異常な収縮を抑制する抗コリン薬と、膀胱のβ3受容体に作用して膀胱の容量を増大させるβ3刺激薬がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン