ライフ

ブームの川柳 鉄則は「テーマに沿ってリズムを守る」、ただの言葉遊びもNG

川柳を作るときのコツは?

川柳を作るときのコツは?(イメージ)

 企業や自治体、町内会などの“公募川柳”が盛んになっている。なかには、賞金や豪華な副賞がもらえるものも。実益を兼ねる趣味にできるのか──。川柳学会専務理事で十六代目川柳の尾藤川柳氏も以前は公募マニアだったという。

「もともと川柳作家でもありましたが、40歳でサラリーマンを辞めたのを機に、雑誌を買って片っ端から公募川柳に投句したんです。するとある公募に入賞して、賞金2万円をもらいました。3年くらいそのような生活をしていましたね」

 尾藤流の公募川柳投句の基本は「テーマから外れない」ことだ。

「実は、テーマとあまり関係ない内容の作品を投句する人が少なくないのです。テーマに沿うことを常に意識しましょう。そのうえで“五・七・五のリズムを守る”ことが鉄則です。川柳は定型詩です。最近の公募川柳には五・七・五の七が八になる『中八』が目立ちますが、本来はアウトです。私が選者だったら即、落選です」(尾藤氏)

 お題のテーマに沿い、定型を守ることに加え、ダジャレなどただの言葉遊びにならないようにするのが重要なのだ。

 尾藤氏が選者を務める2021年の「第5回働くパパママ川柳」(オリックス)では、次の川柳が大賞に選ばれた。

〈テレワーク 九九の呼吸が 漏れ聞こえ〉

「学校に行けない子供が自宅にいる中で、仕事に奮闘する様子が伝わる川柳です。『テレワーク』『呼吸』といった昨年のトレンドを言葉遊びではなく、上手に取り入れています。

 ただし、今年の公募で同じような言葉選びではいけません。コロナも3年目で、テレワークという言葉には新鮮味が欠けます」(尾藤氏)

 かといって、ただ単に流行語を使えばいいわけではない。同じく尾藤氏が選者の「第7回健康(セルメ)川柳」(2019年)では、以下の句が選外となった。

〈薬剤師 妻とスクラム ワンチーム〉

「ラグビーW杯で流行した『ワンチーム』を使った、似たような句がこの年は非常にたくさん集まりました。

 優れた句には、独創性やオリジナリティがある。“作者の目を通した社会や世界を表現”できると良い句となります。そのなかで流行語を用い、“今の時代”を表現するのです」(尾藤氏)

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン