芸能

BTS兵役問題、新大統領決定で急転「メンバー全員一斉入隊」が理想との声も

(共同通信社)

世界の音楽シーンを牽引している(共同通信社)

 5年ぶりの政権交代が起きた韓国大統領選。日本に対して強硬姿勢をとり続けた文在寅・現大統領(69才)に代わって、保守派の尹錫悦氏(61才)が次期大統領に当選した。これに色めき立つ意外な人たちがいる。ARMYと呼ばれる、音楽グループ『BTS』の熱烈なファンたちだ。

「これで、『BTS』のメンバーの兵役が免除になるかもしれない……」

 ARMYは、そう淡い期待を寄せている。韓国では18〜29才の男性に、最低でも1年半の兵役義務が課されている。

「これまでも『東方神起』や『BIGBANG』、『2PM』といったグループが、人気絶頂時に兵役でメンバーを欠き、“不完全”な状態で活動してきました。そうした過去を知っているARMYがやきもきしているようです。BTSのメンバーはまだ誰も兵役に行っていませんが、JINは30才を迎える今年12月までに入隊しなければなりません」(韓流ライター)

 この兵役義務は、スポーツや芸術分野で国際的に顕著な成績を残すと免除される仕組みがある。

「ただ、芸術とエンタメの線引きは曖昧。そのため、米ビルボードチャート1位に輝くなど、韓国の国益に大きく貢献しているBTSは兵役を免除してもいいのではないか、という議論が巻き起こりました」(前出・韓流ライター)

尹錫悦氏は5月に大統領に就任する(時事通信フォト)

尹錫悦氏は5月に大統領に就任する(時事通信フォト)

 現政権では、兵役期間の「短縮」は実現したが、「免除」までは進まず議論は沈静化。それだけにARMYは、「政権交代で、免除議論がもう一度盛り上がってくれれば」と期待に胸を膨らませているのだ。だが、こうした思いは主に国外のファンが多く抱いているといい、韓国国内では捉え方が異なるという。

「韓国人男性にとって、兵役を務めあげるのは誇りでもあります。国のために尽くす時間は大きな財産と考えられ、自分や身内の兵役免除を望んでいる人は少ない」(前出・韓流ライター)

 作家で韓国事情に精通している康熙奉氏が解説する。

「その思いはBTSのメンバーも同じでしょう。彼らは韓国を代表する人気者として、アメリカの栄誉ある賞を受賞するなど、世界で活躍しています。そんな彼らが、仮に兵役免除となったら、批判も免れません。理想の兵役の形は『同伴入隊』の制度を使って、JINに合わせてメンバー全員が同時期に兵役に服すること。それなら、兵役による空白期間は最短の1年半で終えられる可能性があります」

“不在期間”があったとしてもARMYの心が変わることはなさそうだ。

※女性セブン2022年3月31日号

今年初めてグラミー賞にノミネートされたBTS(写真/GettyImages)(写真/GettyImages)

BTSの兵役問題はどうなる?(写真/GettyImages)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン