国際情報

天安門事件で米国に亡命した中国人弁護士が中国人留学生に刺殺される

事件を起こした中国人留学生は精神的に不安定な状態だったという

事件を起こした中国人留学生は精神的に不安定な状態だったという

 1989年6月の天安門事件当時の著名な民主化運動指導者で、事件後、米国に亡命し、ニューヨークで弁護士として活動していた李進進氏(66)が3月14日、弁護士事務所で中国人女性の留学生に腹部を刺され殺害される事件が起こった。この女性は精神的に不安定な状態だったとの証言もあり、李氏との間でトラブルが発生していたとみられている。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 この中国人女性は張暁寧と名乗っており、年齢は25歳で、昨年7月、留学生としてニューヨークに到着。「北京で(中国人)警官に強姦された」などと訴え、ニューヨークの中国総領事館や国連本部を訪れては陳情を繰り返していたという。

 女性はニューヨーク市内の李氏の弁護士事務所を何回も訪れており、米国籍の取得などについて相談していた。しかし、時々激高して大声を出すなどしたため、李氏は彼女を避けていたようだ。

 事件が起こった3日前の11日にも、この女性は李氏に大声を出して泣きわめき、暴力を振るおうとしていたことから、李氏の秘書が警察に通報し、女性は事務所から追い出されるというトラブルがあった。

 その際、李氏は警察に対して、「この女性はまだ若いので、逮捕しないでほしい」などと穏便に済ますよう頼んでいたという。

 ところが、女性は14日正午ごろ、再び、事務所を訪れ、李氏と会うと、いきなりナイフを取り出して、李氏の腹部を数回めった刺しにした。李氏は救急車で病院に運ばれたが、すでに絶命していた。

 李氏は1955年生まれで、北京大学の博士課程に在籍中に中国の民主化運動に身を投じ、1989年の天安門事件後、警察に逮捕され服役、釈放後、米国に亡命。ウィスコンシン大学で法学の博士課程を修了。その後、ニューヨークの弁護士事務所で働いていた。

 その傍ら、李氏はやはり天安門事件後、米国に渡り、ハーバード大学で博士課程を修了し、いまも民主化運動団体を主宰している王丹氏らと連携して、米国で中国民主化団体のリーダーとして活躍していた。

 李氏の悲報を聞いた王丹氏らは「事件は筆舌に尽くしがたいもので、李氏には落ち度はない。人間の本性はどうしてこんなに邪悪なのか。説明のしようもない」などと語っているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト