国内

愛子さまの成年会見でネット上で高まる「愛子天皇を」の声 現実味は?

初めての記者会見に臨まれる愛子さま(写真/宮内庁提供)

初めての記者会見に臨まれた愛子さま(写真/宮内庁提供)

 3月17日、天皇家の長女・愛子さまが成年を迎えられたことにあたる記者会見に臨まれた。今回の会見は、昨年12月1日に20才の誕生日を迎えられた愛子さまにとって、初めて自らの声を国民に届ける場だったが、質問に堂々とお答えになるお姿と慈愛に満ち溢れた言葉の数々に、ネットには賞賛の声が相次いだ。

「会見前夜、東北地方で最大震度6強の地震があったため、延期が心配されましたが、愛子さまは会見の冒頭でお見舞いの言葉を述べられ、成年になられた感想、興味があること、ご両親への感謝の言葉、将来の夢や目標、小室眞子さんの結婚について、ウクライナ情勢についてなど、さまざまな質問にお答えになりました」(皇室記者)

 皇室会見では、宮内庁を通じてメディアが事前に質問を投げかけるのが通例だが、愛子さまは手元の資料にほとんど目を通すことはなかった。

「お話になる内容の1つ1つからはご家族に対する愛情と感謝が感じられ、一方ではユーモアにも満ちていて、国民に寄り添う姿勢が溢れる会見となりました。

 皇族の成年会見は誕生日前に行われるのが慣例で、秋篠宮家の長女・小室眞子さんや次女・佳子さまもそうでした。しかし愛子さまは学業の都合により、誕生日前後の会見を避けられ、春休みに会見を行うことになりました。愛子さまは現在、学習院大学文学部日本語日本文学科に通われており、会見でも授業内容に触れられる場面がありました。異例のスケジュールは、愛子さまの学業優先の姿勢が現れたものと言えるでしょう」(前出・皇室記者)

 会見の様子が伝えられると、ネット上には、

「お言葉から愛子さまのお人柄がうかがえ、温かい気持ちでいっぱいです」
「緊張しながらもカメラを見て、視線を左右に振りながら話すことができるのは、ご自分のお言葉だからなんでしょうね」
「明るく、ユーモアもあり、言葉選びに聡明さを感じました」
「とても心のこもった素敵な会見でした」

 と、絶賛の声が溢れた。「愛子さまを天皇に」というコメントも数多く見られた。現在の皇室典範では女性天皇は認められていないが、2021年4月に共同通信が行った世論調査では、回答者の87%が女性天皇に賛成と答えた。今回の愛子さまが成人を迎えられたことを機に、一気に女性天皇容認へと舵が切られることはあるのか。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン