国内

小室眞子さんがNYの美術館で活動開始 米の日本文化財研究者がサポートか

眞子さんのNYでの新たな動きをキャッチ

眞子さんのNYでの新たな動きをキャッチ

 ニューヨーカーの憩いの場・セントラルパークに、緑の芽吹きがまぶしい季節がやってきた。芝生に寝転がる人、コーヒーを片手に散歩する人、レンタサイクルで春風の中を走る人──皆思い思いに、ゆったりと流れる時間を楽しんでいる。広大な敷地の一角に、世界最大級、そして世界で最も有名な美術館がある。メトロポリタン美術館(MET)だ。そのMETで秋篠宮家の長女・眞子さんが活動を始めたという──。

 1870年に創立されたMETは、先史から現代にかけて5000年以上にわたる世界の文化遺産を包括的に所蔵している。その数はおよそ150万点に及ぶ。その人気ぶりは米国内にとどまらず、日本の国立新美術館(東京・港区)でも『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』が5月末まで開催されている。

 世界がたどった歴史を物語る文化遺産に囲まれて仕事ができるため、METは、博物館資料の収集や展示、調査研究を行う「学芸員」にとって世界最高峰の憧れの職場だ。高度な専門知識を求められるため収入も申し分なく、年収1500万円程度と、物価の高いニューヨークでも問題なく暮らせる額だ。

 そのMETから車で10分の距離に、眞子さんが暮らす高級アパートメントがある。将来の不安を払拭できないなか、眞子さんはMETで活動を始めた。

 眞子さんと小室圭さんの結婚・渡米から約半年が過ぎた。仲むつまじく朝の散歩デートを楽しんだ日もあれば、眞子さんがスマホを見ながらひとりで生活必需品の買い出しに出かけた日もあった。昨年12月には、手土産を持った眞子さんが、マンハッタンにある高級マンションを訪れる様子が、イギリスの大衆紙『デイリーメール』で報じられた。

「ケネディ元大統領の娘で、元駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏のもとを訪れたのかもしれないと伝えられました」(皇室記者)

 眞子さんは日本で皇族として暮らすことに抵抗を感じ、結婚して海を渡る決断をした。それだけに、渡米後、海外メディアにまで注目される生活は想定外だったかもしれない。

「嫌気がさしたのか、最近では、現地の日本人コミュニティーとのつきあいも必要最小限にとどめ、眞子さんはいわば“消息不明”の状態でした」(前出・皇室記者)

 結婚と時を同じくして公表された「複雑性PTSD」の症状も心配された。

「昨年10月の結婚会見の時点では、質疑応答が難しいほど、症状は深刻だったといいます。結局、会見は手元の文書を読み上げるだけという前代未聞の形式になりました」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまがおっしゃるところの「皇室としては類例を見ない結婚」を遂げ、遠くアメリカの地での生活を選んだ眞子さんは、病気療養もあり、しばらくは静かで穏やかな生活を送ると目されていた。だが実際は、ニューヨーク生活を盤石なものにするための準備を進めていたようだ。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト