スポーツ

村田諒太vsゴロフキン 世紀の一戦に山根明氏「あとは諒太のメンタルだけ」

山根明氏も世紀の一戦に注目を寄せる

山根明氏も世紀の一戦に注目を寄せる

 2人のファイトマネーが20億円──日本ボクシング史上最大のビッグファイトとなる国際ボクシング連盟(IBF)世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン、40)と世界ボクシング協会(WBA)世界同級スーパー王者村田諒太(帝拳、36)の統一戦が、4月9日にさいたまスーパーアリーナでゴングが鳴る。その一戦を感慨深い思いで待ちわびる人物がいる──。

 ゴロフキンは2004年アテネ五輪銀メダリストで、プロ入り後は17連続KO防衛の世界タイ記録を持ち、23連続KO勝利を含めてプロ戦績は41勝(36KO)1敗。これに対し村田は2012年ロンドン五輪金メダリストで、プロ戦績は16勝(13KO)2敗である。KO率85.7%のゴロフキンとKO率72.2%の村田がぶつかり合う。

 この両者をアマチュア時代から知る人物がいる。一般社団法人日本ボクシング連盟第12代目会長の山根明氏である。ゴロフキンは2001年に大阪で開催された東アジア大会で来日。この大会を取り仕切っていたのが山根氏だったが、その後も国際大会で強さを目の当たりにしてきた。村田はロンドン五輪で山根氏と二人三脚で48年ぶりに金メダルを獲得したことで、連盟の将来の幹部候補として海外留学などの英才教育を施そうとしていた。

 ところが、村田は水面下でプロ転向を進めていたことが報道で判明し、両者の間に溝ができた。日本ボクシング連盟はこの行為が進路決定をめぐる信義則違反として、村田に対してアマチュア選手としての引退勧告を決議。その後、プロに転向するという経緯があった。“男・山根”は両者の対戦をどうみているのか聞いてみた。

「諒太(村田)は精神的に弱いので国際大会には出さないという理事もいたが、強化委員長として村田の素質はわかっていたので、国際大会に送り出した。五輪でメダルを獲ったことでその正しさが証明されたわけだが、アマチュア時代の諒太は“会長が会場にいらっしゃるだけで負ける気はしません”と話していたこともあった。

 その後、いろんなことがありましたが、今は諒太にはこれまでのプロボクシング界を変えてもらいたいと思っている。他のスポーツは余力を残して引退することが多い。ところが、どんなに強いプロボクサーでも、最後はタイトルを防衛できずにボロボロになって引退に追い込まれることばかり。ボクシングには強いチャンピオンのままでの引退がない。もちろん引退は諒太やジムの会長が決めることだが、50年以上ボクシングに関わってきて、常にそういう思いをしてきた者として、諒太にそれをやってほしいと思っている」
 
 では村田はゴロフキンに勝てるのだろうか。山根氏の見方はこうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン