スポーツ

新庄日本ハムは「シーズン100敗」するのか? 藤田平氏と江本孟紀氏が論評

新庄氏の現役時代に指導した元阪神監督・藤田平氏は今をどう見る?(写真/共同通信社)

新庄氏の現役時代に指導した元阪神監督・藤田平氏は今をどう見る?(写真/共同通信社)

 BIGBOSSとして日本ハムを率いる新庄剛志監督だが、開幕ダッシュに失敗してチームは低迷、「シーズン100敗」の可能性まで指摘されるようになった。

 その新庄氏の現役時代に、練習への遅刻を咎めて正座させるなど、厳しい指導で“鬼平”の異名を取った元阪神監督・藤田平氏は、「100敗までするかはわからんが、戦力が足りないから順位は最下位やろうね」と話す。

「若い選手が多いだけに、乗ってきたら突っ走るかもしれんが、ひとつ歯車が狂うと泥沼にはまる。正直、読めまへんわ。今のところ新庄はうまく若手を乗せてやっているが、シーズンは長い。やっぱり理解しがたいのは投手陣の使い方。このままではへばってしまわへんかな。しかも正捕手も固定されていない。選手はコンディション作りも大変やと思いますわ」

 独特な采配についても、厳しい見方を取る。

「セオリーを無視して負け続ければ批判は出てくる。たしかに予想外のことをやれば目立つが、勝たないといけないのがこの世界。4月3日のオリックス戦で同点の8回裏、1死二、三塁の場面で吉田正尚を3ボールから歩かせず勝負して、守備のミスもあって決勝点を取られた。ああいうことが積み重なった時がどうなるかやね。ただ、球団が1年目はこんなもんやと納得するなら、何敗してもええということになるんやろね」(藤田氏)

 プロは勝ちを求められて当然だが、それを求められないなら「100敗」さえあり得るという話になってくるのだろうか。

 辛口評論で知られる江本孟紀氏は、「日本ハムの順位予想はもちろん最下位ですよ。他に沈むチームが見当たりませんからね」としたうえで、こんな言い方をする。

「新庄は戦力的に弱いことがわかっているから、とにかくかき回そうとしている。それに評論家が100敗するとか、しないとかは屁みたいな話ですよ。他の5球団の監督が新庄にまともにやれとビシッとモノを言えばいい。それを言うと新庄に噛みつかれ、かき回されるかもしれないから、口を開こうとしない。それが問題です。誰かとケンカして盛り上げるくらいじゃないと、新庄がいる意味がないでしょう」

 100敗論争が盛り上がることこそが、むしろ新庄監督の望むところなのかもしれない。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン