ライフ

脳に伝わる痛みの信号を変え、疼痛を軽減させる「SCS療法」

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

 脊柱管狭窄症など脊髄の疾病は、治療しても慢性疼痛が残ることがある。手術しても痛みは軽減せず、生活の質の低下が著しい。痛みは脊髄を通り脳に伝わるが、現在はそれを途中で別の信号に変えて痛みを軽減させる脊髄刺激療法(SCS)が行なわれている。効果がなければ中止できる上、デバイスの発達や刺激法の改良で、慢性疼痛患者の痛みの軽減率が向上している。

 脊柱管狭窄症や脊髄損傷などによる痛みは、痛みの信号が脊髄を通り脳に伝わって初めて“痛い”と認識される。

 その場合、薬物療法や手術などが行なわれるが、治療しても痛みが残る難治性の慢性疼痛になると生活に支障が出て就労困難に陥ることも。

 こうした難治性慢性疼痛に対する治療法として広がりを見せているのが、脊髄刺激療法(SCS)だ。この治療は欧米で40年以上前から実施、全世界で約35万人以上に施術されているが、日本では9000人程度でしかない。

 岩井医療財団稲波脊椎・関節病院(東京都品川区)整形外科の金子剛士医師に聞いた。

「難治性の慢性疼痛は病態が十分に解明されておらず、診断や治療が困難な症例も多く存在します。私は整形外科医として主に脊髄の治療を行なってきましたが、手術で構造を修正しても痛みの軽減に繋がらないこともありました。そのため神経に介入しなければ治療にならないと考え、SCS療法の臨床研究を始めたのです。そのSCSとは脊髄と脳の間でやり取りされる痛みの信号を別の信号に変え、痛みを軽減させる治療です。効果を確認できなければ止めることもできます」

 治療は脊髄の硬膜外にリード線を留置し、ペースメーカーのような形の神経刺激装置(ジェネレーター)を植え込み、外からコントローラーで通電刺激を行なう。通常は局所麻酔でリード線を入れ、電気刺激を実施するトライアル後に痛みの軽減が確認できた時点で、本体のジェネレーターを植え込む。

「日本ではSCSは1992年に保険収載されています。ただ当時のリード線には電極が1極しかなく、少しでもズレると痛みが軽減しないケースもあり、それが普及してこなかった大きな原因でした。近年では電極が8極のリード線が開発され、しかも2本植え込み、計16極で刺激可能になったのです。結果、70~80%で効果を実感できています」(金子医師)

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン