ビジネス

吉野家「生娘をシャブ漬け」不適切発言の常務 「即解任」以外の選択肢がなかった理由

女性管理職割合は「24.3%」

吉野家ホールディングスのオフィシャルサイトによると、グループの女性管理比率は24.3%だという

吉野家ホールディングスのオフィシャルサイトによると、グループの女性管理比率は24.3%だという

 加えて、吉野家にはもう一つ“即解任”を決断する要因があった。同社の事情に詳しい経営アナリストが語る。

「吉野家は、社員の“女性活躍推進”を掲げていました。その看板だけ聞くと、どこの会社もやっている当たり前のことだと思うかもしれませんが、吉野家にとって女性社員は戦略上どんどん重要になっているのです。

 外食産業はどこも人手不足の状況で、女性などの働き手の採用を強化しています。しかも会社として女性客を増やしていきたいという段階にあり、それには女性社員ならではの視点や発想が必要だった。そうした中で、女性社員のモチベーションや愛社精神を著しく傷つけるような発言は看過できません。“降格”や“減給○か月”といった甘い判断では、社内に説明ができない状況でした」

 吉野家の採用サイトでは、「女性社員の割合30%!」「女性管理職の割合30%!」への取り組みとして、「女性採用担当者を配属」「キャリアへの意識改革」「男性社員への理念浸透活動」などに注力していることを説明。さらに、女性社員ならではの相談や悩みを共有できるネットワークとして「吉野家女子会」を発足させている。

 同社の経営戦略を説明するサイトでは、「グループ女性管理職比率24.3%」という数字が示されている。

「目標とする30%には届いていませんが、帝国データバンクの2021年の調査によると、女性管理職の平均割合は8.9%。過去最高の数字ではあるものの、まだ10%にも達していない。政府も女性管理職割合を30%に引き上げる方針を示しているが、日本企業では遅々として女性の登用は進んでいません。

 その中で吉野家の24.3%はとても高いと言えます。何をもって“管理職”とするかの定義の問題はありますが、少なくともそうした社内の女性幹部たちから今回の発言に対して強い批判が起きたことは間違いありません」(同前)

 吉野家では、女性店長を増やすことや復職支援、育児支援にも力を入れている。そうした中で、「生娘をシャブ漬け」発言に対し曖昧な形で決着させるという“日本的”な処分は許されなかったのだ。

 女性の消費者、そして女性社員たちから、組織としての信頼を取り戻せるか。正念場だ。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト