国内

松野明美氏、立憲を断り維新から参院選出馬「維新はエネルギッシュ」

維新からの参院選出馬までには紆余曲折があったという

松野明美氏は維新からの参院選出馬までに紆余曲折があったという

 日本維新の会から比例代表に出馬するのが女子マラソンの元エース選手・松野明美氏(53)だ。

「私を選んでください。負けませんから」

 30年前、バルセロナ五輪の代表選考前にそう訴えたが、最終的に有森裕子選手(バルセロナ銀メダル)が選ばれ、泣き崩れたという彼女のエピソードは強烈だった。

 その松野氏は引退後、コーチやスポーツキャスターなどを務めた後、「障碍者・児の住みやすい街にしたい」と公約を掲げて地元の熊本市議に無所属で当選、熊本県議に転じ、前回県議選ではトップ当選するなど県民からの支持は高い。

 だが、維新からの参院選出馬までには紆余曲折があった。立憲民主党の選対幹部が語る。

「松野さんは参院選の熊本選挙区にうちから出馬する話が進んでいたんです。ところが、昨年の総選挙で立憲民主が議席を減らしたことを不安に思ったのか、出馬を辞退してきた。それが維新から比例代表に出馬すると聞いてびっくりしました」

 総選挙で敗北した立憲民主より、躍進した維新のほうが勢いがあると判断したのはなかなかの政治的嗅覚の持ち主だ。松野氏の話だ。

「立憲民主党からは、参院選の選挙区でどうですかというお誘いがあった。私は無所属でやってきた人間で、自分の信念を通すのは、今の立憲民主党では難しいかなと思っていた。過去には自民党からも県連に入らないかとお誘いを受けたのですが、自民党はちょっと違うんですよね。説明しにくいんですが。

 維新の会は、エネルギッシュで、『いいなあ』と思っていた。立憲民主党から声がかかり悩んでいる時に、維新の会の馬場(伸幸)共同代表(当時幹事長)がツイッターで『立憲が松野氏に出馬要請』の記事を引用し、『松野さーん、辞めといたほうがエエですよ~皆んな後悔してますよ~』とつぶやかれた。それを見て、私から立候補のお願いをさせていただきました」

 国政進出レースでは、スタート前に立憲民主から維新へと“コース変更”したようだ。今度こそ国民の代表に選ばれるか。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン