芸能

ピラニア軍団が昭和の映画史に放った一瞬の輝き 語り継がれる「役者バカ」の集団

主演のスター俳優たちを喰うほどの人気もあった俳優集団「ピラニア軍団」(イメージ)

俳優集団「ピラニア軍団」は主演のスター俳優たちを喰うほどの人気も(イメージ)

 歴史ある日本映画史において、彼らほど脚光を浴びた「脇役」たちはいないだろう。川谷拓三(享年54)、室田日出男(享年64)、志賀勝(享年78)、岩尾正隆(79)、野口貴史(享年81)、小林稔侍(81)らが名を連ねる俳優集団「ピラニア軍団」。車両に引きずられ、火だるまでプールに飛び込むことも厭わない。公私ともにどう猛そのものだった彼らは、いつしか主演のスター俳優たちを喰うほどの人気者となった。しかし、長くは続かず──。(文中敬称略)【全4回の第4回。第1回から読む

脇役にも個性が溢れていた

 スクリーンで縦横無尽に駆け回った彼らは、倉本聰が脚本を担当したドラマ『前略おふくろ様』(1975年、日本テレビ系)に出演するなど、映画だけでなくテレビにも活躍の場が広がった。

 1975年には、ピラニア軍団の結成式が大阪市の御堂会館で催され、1977年にはLP「ピラニア軍団」をリリース。不遇の脇役たちが結成した軍団は、主演のスター俳優たちを喰うほどのブームを起こした。

 しかし、一躍、時代の寵児となったピラニア軍団は、映画産業の斜陽もあって人気は長く続くことはなく、1980年代に入ると自然消滅した。

 映画監督の中島貞夫は「短命に終わったのは必然だった」と語る。

「ピラニア軍団は既存の組織に馴じむことができず、必死に映画という仕事に喰らいつく『役者バカ』の集まりでした。自己主張の強い個性的な男ばかりで軍団を組織として守ろうという意識はなく、当時から『ブームはそんなに長持ちするもんじゃないよ』と語り合っていました」

 俳優の成瀬正孝(72、当時の芸名は成瀬正)にとってピラニア軍団は古き良き原点のようだ。

「俺はまだ20代で、役者人生の中で一番燃えていた時代でした。役者としての原点の時代だから、今もピラニア軍団が取り上げられるのは嬉しい限りです」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト