国内

小室圭さん NY弁護士事務所での業務はコピー、郵便物受け取り、夕食の手配など

おつかいに出ていた小室圭さん

職場からおつかいに出ていた小室圭さんだが、事務所での業務はどんなものか

 昨年11月、米ニューヨークに渡った秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さん夫婦。しかし、夢にまで見た新婚生活に暗雲が漂っている。今年2月、小室さんはニューヨーク州の司法試験に挑んだが、結果は前回に続いて不合格。5月にはビザが失効する見込みで、“強制退去”を余儀なくされるかもしれない。小室さん夫婦が5月に緊急帰国する可能性が浮上し、宮内庁周辺が騒然としている。

 しかし日本国内の関係者の動揺などつゆ知らず、小室夫婦は4月下旬、休日のニューヨークを並んで歩いていた。マスクをした眞子さんはゆったりしたベージュのニットにデニムパンツ、黒のフラットシューズを合わせている。

 一方の小室さんはアメリカスタンダードのノーマスク。髪形はいつも通りのポニーテールで、“海の王子”さながら、夏を先取りしたようなサーフブランドのTシャツを身につけ、『スター・ウォーズ』のキャラクターが描かれたお気に入りのスリッポンを履いている。右手には、ニューヨーカーおなじみのスーパーマーケット『ターゲット』のエコバッグが握られていた。

 ふと、小室さんが周りをきょろきょろと見回す。次の瞬間、小室さんは眞子さんの手を取った。指を絡ませ合った恋人つなぎで、ふたりは腕を大きく前後に振りながら、ニューヨークの街を歩いていった──。

「フード受け取り」のルーティン業務

 ラブラブな様子の小室さん夫婦だが、ふたりを取り巻く状況は不安定だ。先述の通り、小室さんはニューヨーク州の司法試験に2度目の不合格となった。勤務先の弁護士事務所を解雇される可能性もささやかれたが、不合格判明後も小室さんは出勤。ただ、平日は毎日出勤しているわけではないようで、オフィスに足を運ぶのは週3日ほどのようだ。

 早朝からあくせく働くわけではなく、自宅を出るのは午前10時頃。髪形は後ろで束ね、ワイヤレスイヤホンを耳につけている。時折口元を動かしたり、笑みを浮かべているように見えるのは、歌を口ずさんでいるのか、それともイヤホンを通して誰かと通話しているのか。

「司法試験に落ちたため、小室さんは法務助手としての勤務を継続しています。資料まとめといった弁護士の業務の補佐のほか、コピーや郵便物の受け取りなど、雑事をこなしているそうです」(法曹関係者)

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン