芸能

橋幸夫『潮来笠』秘話「曲名が読めなかった。『しおくるかさ』って何だろうと」

橋幸夫(右)とクレイジーケンバンドの横山剣が対談

橋幸夫とクレイジーケンバンド・横山剣が対談

 昭和を代表するスター・橋幸夫が、来年5月3日をもって歌手活動にピリオドを打つ──。その知らせを聞いて居ても立ってもいられなくなったのが、『週刊ポスト』で「昭和歌謡イイネ!」を連載するクレイジーケンバンドの横山剣だ。

 激しく妖しくも華やかだった当時の芸能界のあれこれを、橋と横山が振り返る。知られざる、あの国民的大ヒット曲の裏話や盟友・西郷輝彦との思い出など、心躍る秘話が飛び出した!【全5回の第1回】

 * * *
横山:実は、初対面となるこの機会に、僕から橋さんに、お礼を申し上げるべき件があるんです。

橋:えっ、何ですか?

横山:亡くなった僕の実父は、レコード会社の販促グッズ等を作る会社を営んでおりました。一時期、社業が傾きかけたんですが、取引先のひとつであるビクターから、同社に所属する橋さんの『霧氷』(1966年)をプロモーションする垂れ幕などの発注を受け、奇跡的に会社を立て直すことができたんです。

橋:はいはい。あの垂れ幕、業界じゃ「ふんどし」と呼ぶんですよね(笑)。

横山:だから、今日こうしてお会いできたことには、運命を感じます。

橋:そうだったんですか。それはそれは奇縁ですね。

横山:そして、橋さんの音楽は、クレイジーケンバンドの重要なルーツのひとつでもあります。1964年から、立て続けにリリースされた一連のリズム歌謡には、とても大きな影響を受けました。

橋:ああ、『恋をするなら』『恋のメキシカン・ロック』『あの娘と僕(スイム・スイム・スイム)』『ゼッケンNo.1スタートだ』『チェッ・チェッ・チェッ(涙にさよならを)』と続く連作ですね。

横山:ええ。あのリズム歌謡のシリーズは、一体どのようにして産声を上げたのかうかがいたくて。

橋:……それを話すとなると、僕のデビューまで遡ることになりますが、よろしいですか?

横山:もちろんです!

橋:長くなりますよ(笑)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト