芸能

元ザブングル松尾陽介、実業家転身を語る「“元芸人”は武器になる」「相方・加藤への感謝」

昨年末にコンビを解散した元ザブングルの松尾陽介(撮影/黒石あみ)

昨年末にコンビを解散した元ザブングルの松尾陽介(撮影/黒石あみ)

 2021年3月末で解散したお笑いコンビ・ザブングルのツッコミ担当だった松尾陽介(45)は、芸能界を離れ、なんと実業家に転身。同年6月に株式会社OMATSURIを設立し、代表取締役に就任した。OMATSURIは、将来的に「お笑い芸人のセカンドキャリア創出支援」をビジネスの主軸にすることを目指している。21年間にわたる芸能活動にピリオドを打ち、40代で新たなスタートを切った松尾。現在の仕事について語ってくれた。

闇営業騒動での謹慎中に考えた“得意分野”

──OMATSURI設立から約10か月が経ちました。日々どんな仕事を行っているのでしょうか?

松尾:僕のことを知ってくれている方に「こんなことを一緒にできないか?」と振られた仕事を全部受けている感じなので、わりと何でもやっています。SNS向けの広告制作とか、YouTubeでの動画企画とか、タレントのブッキングとか……。僕は飲み会が大好きなので、とにかく知り合いが多いんですよ。OMATSURIは僕ともうひとり、藤本隆太郎というビジネスに詳しい人間のふたりで動かしている会社です。僕は基本的に営業部長や企画を担当しつつ、IT系ほかお金周りのことは藤本に任せるような役割分担です。

──なぜ芸人を辞めることを决めたのでしょうか?

松尾:僕が芸人を辞めたのが去年の3月で、その前にいろいろ考える時間があったんですよね。

──闇営業騒動による謹慎ですか?

松尾:まぁそうです(笑)。ありがたいことにお仕事はいろいろいただいていましたが、「これから先、芸人として今まで以上の結果を得られるわけでもないだろうな」というのも実感としてありました。じっくり考えてみると、「僕の得意分野って本当にテレビなのかな?」とも思ったんですよね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン