国内

小室圭さん「長い自分探しの旅」7月で終わりに 「恋人つなぎ」眞子さんを守るため

「自分探し」を続ける小室圭さん

「自分探し」を続ける小室圭さん

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)。2回目となるニューヨーク州司法試験が残念ながら不合格だったことがわかってから、2週間あまりが経った。小室さんはすでに3回目の受験を目指していることを表明しており、現地法律事務所での法務助手の仕事と受験勉強に勤しんでいる。

 ビザの問題もあることから5月中に緊急帰国する可能性も取り沙汰されているが、小室さんとしては晴れてニューヨーク州弁護士となって、眞子さんとのアメリカでの生活を盤石にしたい考えなのだろう。

 振り返れば、小室さんはこれまで“長い自分探しの旅”といえるような、様々な経歴を歩んできた。国際基督教大学(ICU)在学中は、2010年に「湘南江の島海の王子」コンテストに応募して「海の王子」に選ばれた。当時は周囲に、「将来は外交に携わりたい」と語っていたという。

 2011年には、テレビ朝日のアナウンススクール『アスク』に通っていた。アナウンススクールに提出した書類には、自らについて〈国際社会に対する理解が人一倍ずば抜けていて、その理由は自身の生活環境にある。僕は高校までをインターナショナルスクールで過ごし、グローバル教育で評価の高い国際基督教大学に進学した〉と記すなど、その国際感覚をアピールしていた。

 大学卒業後は、三菱東京UFJ銀行(当時)に入社したが、2年で退行。ロースクールに通い、都内の法律事務所でパラリーガル(法務助手)となり、そこから海外留学へ。そして、ニューヨーク州の法律事務所に就職──。30歳にして、濃密な人生を歩んでいる。

 眞子さんとのニューヨーク生活も、はや半年。最近では「恋人つなぎ」でのツーショットがキャッチされるなど、ラブラブな様子だった。その際、小室さんはポニーテール姿でサーフブランドのTシャツを身につけ、『スター・ウォーズ』のキャラクターが描かれたお気に入りのスリッポンを履いていた。すっかりニューヨーカーとしての生活が板についてきた様子で、右手にはエコバック、左手は眞子さんとギュッと手をつないでいた小室さん。

「結婚生活を守るためにも、7月に受験することになる3度目の司法試験の合格は必須でしょう。2度目の試験は合格点の266点まで“あと5点”だったというから、もう一息です。試験は1日目の論文形式で200点、2日目の200問の択一問題で200点、合計400点満点。それであと5点ですから、択一問題であと5問正解すれば…という惜しいところでした」(皇室ジャーナリスト)

 運命の試験まであと3か月。きっと次こそは合格を勝ち取ることだろう。

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト