国内

ワクチン会場を襲った「神真都Q」 コアな支持者がコミューン化する可能性も

どういった考えを持っているのか

どういった考えを持っているのか

 アメリカで生まれた陰謀論が、日本で過激な反ワクチン集団と化し、ついに警察沙汰に。いったい何が起きているのか。近刊『「トランプ信者」潜入一年』が話題を呼ぶジャーナリスト・横田増生氏が、日本版「Qアノン」と言われる神真都(やまと)Qの実態に迫った。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 神真都Qのメンバーは、トランプについてこう話す。

「私は2020年のアメリカの大統領選挙を追っていくうちに、大規模な不正選挙が行なわれていることを確信しました。選挙当日は、トランプさんが各州の開票でリードしていたのに、翌朝起きてみるとバイデンが逆転しました。一晩の間に、“バイデン・ジャンプ”と呼ばれる不正が行なわれました。

 ミシガン州では集計機のドミニオンによる票の書き換えがあり、ペンシルベニア州では投票所の内部が見えないように細工され、郵便投票を悪用して亡くなった人が投票した例もありました。それに、今のバイデンは、以前のバイデンとは全く別人が入れ替わっているんですよ。目の色や利き手も違っていますし、署名も以前とは全然違います。同一人物でそんなことがあり得ますか」

 まともに取り合える話には思えないが、なぜ神真都Qのメンバーは、他国の政治家であるトランプにシンパシーを覚えるのだろう。その動きを当初から追いかけてきたライターの雨宮純はこう説明する。

「僕は神真都Qを陰謀論集団ととらえているのですが、陰謀論者たちには、メインストリームのメディアが貶めるような人を持ち上げようとする力が働きます。2021年1月に、トランプの支持者たちが連邦議事堂を襲撃して以来、トランプを肯定的に取り上げるメディアはなくなりました。だからこそ、陰謀論者には魅力的に映るのです。だれも知らないトランプの本当の姿や実力を知っているのは私たちだけだという倒錯した気持ちに酔ってしまうのです。

 そのトランプの指導によって、コロナは存在しなかったということが証明され、世の中が180度引っくり返るんだ、と信じることに喜びを見出すのです。逆説的に言えば、もしトランプが大統領選挙で勝っていれば、神真都Qが祀り上げることもなかったでしょう」

 神真都Qを率いているのがイチベイこと倉岡宏行(43)だ。10年以上前はVシネマに出演していた二世俳優だった。メンバーたちが現行犯逮捕された約2週間後、リーダー格のイチベイもクリニックへの建造物侵入の罪で逮捕されている。

「やや日刊カルト新聞」を発行する藤倉善郎は、他の4人が現行犯逮捕される数日前、渋谷でデモをするイチベイを取材して、その動画を自身のツイッターに上げている。以下は藤倉とイチベイとのやり取り。

──東京ドーム(のワクチン会場)を襲撃しましたよね。

「東京ドームでは警察が逮捕されました」

──誰が(警察を)逮捕したんですか。

「軍です。軍に(警察が)捕まっちゃいました。ちょっと警察が態度悪かったもので。あと、朝日新聞もトップ7人が逮捕されました。(朝日新聞が)取材に来たんですけれど、こっちの悪口を言ってきたので」

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト