国内

ワクチン会場を襲った「神真都Q」 コアな支持者がコミューン化する可能性も

どういった考えを持っているのか

どういった考えを持っているのか

 アメリカで生まれた陰謀論が、日本で過激な反ワクチン集団と化し、ついに警察沙汰に。いったい何が起きているのか。近刊『「トランプ信者」潜入一年』が話題を呼ぶジャーナリスト・横田増生氏が、日本版「Qアノン」と言われる神真都(やまと)Qの実態に迫った。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 神真都Qのメンバーは、トランプについてこう話す。

「私は2020年のアメリカの大統領選挙を追っていくうちに、大規模な不正選挙が行なわれていることを確信しました。選挙当日は、トランプさんが各州の開票でリードしていたのに、翌朝起きてみるとバイデンが逆転しました。一晩の間に、“バイデン・ジャンプ”と呼ばれる不正が行なわれました。

 ミシガン州では集計機のドミニオンによる票の書き換えがあり、ペンシルベニア州では投票所の内部が見えないように細工され、郵便投票を悪用して亡くなった人が投票した例もありました。それに、今のバイデンは、以前のバイデンとは全く別人が入れ替わっているんですよ。目の色や利き手も違っていますし、署名も以前とは全然違います。同一人物でそんなことがあり得ますか」

 まともに取り合える話には思えないが、なぜ神真都Qのメンバーは、他国の政治家であるトランプにシンパシーを覚えるのだろう。その動きを当初から追いかけてきたライターの雨宮純はこう説明する。

「僕は神真都Qを陰謀論集団ととらえているのですが、陰謀論者たちには、メインストリームのメディアが貶めるような人を持ち上げようとする力が働きます。2021年1月に、トランプの支持者たちが連邦議事堂を襲撃して以来、トランプを肯定的に取り上げるメディアはなくなりました。だからこそ、陰謀論者には魅力的に映るのです。だれも知らないトランプの本当の姿や実力を知っているのは私たちだけだという倒錯した気持ちに酔ってしまうのです。

 そのトランプの指導によって、コロナは存在しなかったということが証明され、世の中が180度引っくり返るんだ、と信じることに喜びを見出すのです。逆説的に言えば、もしトランプが大統領選挙で勝っていれば、神真都Qが祀り上げることもなかったでしょう」

 神真都Qを率いているのがイチベイこと倉岡宏行(43)だ。10年以上前はVシネマに出演していた二世俳優だった。メンバーたちが現行犯逮捕された約2週間後、リーダー格のイチベイもクリニックへの建造物侵入の罪で逮捕されている。

「やや日刊カルト新聞」を発行する藤倉善郎は、他の4人が現行犯逮捕される数日前、渋谷でデモをするイチベイを取材して、その動画を自身のツイッターに上げている。以下は藤倉とイチベイとのやり取り。

──東京ドーム(のワクチン会場)を襲撃しましたよね。

「東京ドームでは警察が逮捕されました」

──誰が(警察を)逮捕したんですか。

「軍です。軍に(警察が)捕まっちゃいました。ちょっと警察が態度悪かったもので。あと、朝日新聞もトップ7人が逮捕されました。(朝日新聞が)取材に来たんですけれど、こっちの悪口を言ってきたので」

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン